Switch版『Five Dates』が海外向けとして2020年11月17日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Wales Interactiveが、Nintendo Switch版『Five Dates』を海外向けとして2020年11月17日に配信することを発表しました。
販売価格は$12.99に設定されています。

また、以前に紹介した一人称視点のサバイバル ホラーゲーム『Maid of Sker』のSwitch版は11月26日にリリースされる予定です。

『Five Dates』は、デジタルデートでの予想もできない体験をストーリー化した、インタラクティブなロマンチックコメディーです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

ファイブデイツは、デジタルデートでの予想もできない体験をストーリー化したインタラクティブなロマンチックコメディーです。
5人の候補女性とのマッチングで、ヴィニー(Vinny)は 物理的な接触がもはや選べる状態ではない世界でも、まだ相性の合う相手が見つかったり、繋がりを持つことは可能なのかどうかを確かめます。

ロンドン出身のミレニアル世代のヴィニーが、コロナウイルスのパンデミック中のロックダウン生活の間、初めて出会い系アプリに参加します。5人の候補女性とのマッチングで、ヴィニーは勇気を奮い立たせてまったく個性が異なるマンディップ・ギル(ドクター・フー)とジョージア・ハースト(バイキングス)の2人とのビデオデートをしなければいけません。見ている人の選択によってデートでのヴィニーと女性のやりとりや、女性が彼とまた会いたくなるかどうかが決まります。会話のテーマが分岐して多方面へ繋がっていったり、突っ込んだ質問をしていく中で、ヴィニーは、デジタルデートゲームの困った展開と予想外の真実に直面します。

ファイブ デートは、平均的な独身男性がデジタル デートの世界をナビゲートしていく様子を描いた、予測不可能な現代のデート体験を追いかける物語です。見ている人がこのストーリーの展開中、ヴィニーのために下す決断は異性を引きつける力や相性についての自分の概念への挑戦でもあります。

ザ・コンプレックス、ザ・バンカー、そしてザ・シェイプシフティングデテックティヴのパブリッシャースタジオ製作

【特徴】
■ポール・ラキッド(ザ・コンプレックス)監督の完全実写ロマンティックコメディ
■構想、撮影、完成は全てロックダウン中に遂行
■7時間以上もの実写映像、どのゲームでも最大量のFMV映像
■プレイしていく中でリアルタイムで女性との関係をつぶさにトラッキング、ストーリー展開に影響することも可能
■10の異なる結末が用意された、マルチオプション物語
■主演マンディップ・ギル(ドクター・フー)、ジョージア・ハースト(バイキング)、シニード・ハーネット(歌)とタヒーン・モダク(ツー・ウィークス・トゥ・リブ)

経由・情報源:Nintendo LifeNintendo.com

© 2020 Wales Interactive Ltd. Wales Interactive and Wales Interactive Logo are trademarks of Wales Interactive Ltd. All other trademarks, copyrights and logos are property of their respective owners.