コンソール版『Fishing: Barents Sea – Complete Edition』が海外向けとして2019年12月10日に発売決定!バレンツ海を舞台にした漁業シム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&Xbox One&Nintendo Switch版『Fishing: Barents Sea – Complete Edition』が、海外向けとして2019年12月10日に発売されることがパブリッシャーのastragon EntertainmentとデベロッパーのMisc Gamesから発表されました。

もともとは、今年後半にリリースが予定されていました。

本作は、ノルウェーのデベロッパーMisc Gamesによって開発された、バレンツ海を舞台にした漁業シムです。
自らが所有する漁船の舵をとり、最高の漁場を求めて広大なバレンツ海を探索し、たくさんの魚を釣り上げ、フィッシング・ドリームを実現しましょう。

なお、コンソール版はComplete Editionとなり、「Line and Net Ships DLC」と「King Crab DLC」を備えています。

以下、Steamの商品紹介ページよりPC版の概要です。

バレンツ海で漁業を体験しましょう!

Fishing: Barents Seaは自らが所有する漁船の舵をとり、最高の漁場を求めて広大なノルウェー海を探索するゲームです。
祖父から引き継いだ小さな船で漁を始め、魚を釣ってお金を稼ぐことで船をアップグレードしたり、より大きく優れた船舶を購入したりしていきます。
美しきバレンツ海でフィッシング・ドリームを叶えましょう。

複数の船舶を乗りこなし、さまざまな漁具を使って、各種の魚を漁獲する方法を学びましょう。どの漁法も簡単に学ぶことができますが、マスターするのは大変です。あなたの才能を発揮してください!

ドアセンサーやトロールアイといったScanmar社の製品(公式ライセンス取得済み)を使用してトロール網を制御しましょう。アップグレードすれば漁獲量を最大化させることができます!しかし、年間割り当て漁獲量は超過しないように気をつけてください。一つ一つの作業や漁は計画的に実行する必要があります。バレンツ海に生息する魚群の環境は、20年間に及ぶ気象データによってリアルに再現されています。この環境は、季節や水温に応じて変化します。こうした要素の経過を辿るかどうかはプレーヤー次第です。

港のパブを訪れ、船員を雇用したりミッションを受けたりしましょう。また港では、船の修理やアップグレード、銀行でのローンの申し込み、ショップにおける物資や釣りエサの購入が可能です。

ノルウェー北部の息を呑むような景観を再現したオープンワールド環境を自由に探検しましょう。ソナー、レーダー、GPSを利用して最高の漁場を見つけ、最高益を上げましょう。

【Features】
■Unreal™ 4 Engineによる美麗なオープンワールド環境
■ノルウェーの実際の地形に基づいた広大なマップ
■昼、夜、月の満ち欠けが絶えず循環的に変化
■季節変動や移り変わる天候
■7つの船舶を使用可能
■準リアルな漁法:簡単に学べる一方で、マスターは難しい
■魚の行動を決定する高度なAI
■ゲームに登場するScanmar社製Catch Control Systems(漁獲制御システム)およびトロール船Hermesは公式ライセンスを取得
■ナイフ、釣り針、双眼鏡を保管できるインベントリシステム
■AIの船や漁船が浮かぶ美麗で活気に満ちた環境

経由:Nintendo Soup