Switch版『Fell Seal: Arbiter’s Mark』が海外向けとして2019年8月14日に配信決定!『タクティクスオウガ』ライクなターン制のSRPG

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Fell Seal: Arbiter’s Mark』が、海外向けとして2019年8月14日に配信されることがパブリッシャーの1C Entertainmentとデベロッパーの6 Eyes Studioから発表されました。

本作は、6 Eyes Studioによって開発され2019年4月30日にPS4&Xbox One&PC向けとしてリリースされた、『タクティクスオウガ』ライクなターン制のSRPGです。
上記の『FFT』のような日本のタイトルを中心に、『タクティクスオウガ』『ヴァンダルハーツ~失われた古代文明~』『X-COM』などからインスパイアを受けており、40以上の物語や、豊富なクラスシステム、自由度の高いキャラカスタマイズなどを特徴にしています。

下記にSwitch版の紹介映像があるので、興味のある方はチェックしてみてください。

【関連記事】
『FFT』を彷彿とさせるSRPG『Fell Seal: Arbiter’s Mark』製品版の配信日が決定
ターン制SRPG『Fell Seal: Arbiter’s Mark』「現在のUIとデザインを使い、『FFT』と似た体験を再現することが目標でした」【注目インディーミニ問答】

経由:Nintendo Soup

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク