ファミ通調べによる「2021年2月ゲームソフト・ハード売上ランキング速報」が公開!

スポンサーリンク


ファミ通調べによる「2021年2月ゲームソフト・ハード売上ランキング速報」が、本日3月10日に公開されました。
集計期間は2021年2月1日~2021年2月28日の4週分です。

以下、ファミ通.comより。

■家庭用ゲームソフト 月間売上本数
・1位 スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド
機種:Switch
メーカー:任天堂
売上本数:422,784 本

・2位 牧場物語 オリーブタウンと希望の大地
機種:Switch
メーカー:マーベラス
売上本数:202,396 本

・3位 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~
機種:Switch
メーカー:KONAMI
売上本数:185,039本

・4位 リングフィット アドベンチャー
機種:Switch
メーカー:任天堂
売上本数:97,066本

・5位 ブレイブリーデフォルトII
機種:Switch
メーカー:スクウェア・エニックス
売上本数:93,061本

■家庭用ゲームハード 月間売上台数
・1位 Nintendo Switch
合計:350,447台 (先月1位 Nintendo Switch(合計)875,389台)

・2位 プレイステーション5
合計: 95,289台 (先月2位 プレイステーション5(合計)72,420台)

※Nintendo Switchは、Nintendo Switch Liteとの合計値、プレイステーション5は、プレイステーション5 デジタル・エディションとの合計値になります。

■家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数
・1位 任天堂
88.7万本

・2位 マーベラス
23.2万本

・3位 KONAMI
20.1万本

※ファミ通調べ
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

<総括>
2021年2月12日発売に発売されたNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』が、2021年2月1日~2月28日の期間に422,784本を売り上げ、首位を獲得しました。
発売から3週時点の販売本数としては、オリジナル版(発売3週時点で18.6万本)を上回る滑り出しになっているとのことです。

また、2021年2月25日に発売された『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』は、202,396本を販売して2位にランクインしてます。
初週販売本数はシリーズ歴代最高で、累計最多販売本数30.5万本の「牧場物語キミと育つ島」(マーベラス/2007年2月1日発売/DS)にも迫る勢いとのこと。

ハード市場では、Nintendo Switch本体が月間35.0万台を販売しました。

情報源:ファミ通.com

(C)2013-2021 Nintendo