ファミ通調べによる「2020年4月ゲームソフト・ハード売上ランキング速報」が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ファミ通調べによる「2020年4月ゲームソフト・ハード売上ランキング速報」が、本日5月11日に公開されました。
集計期間は2020年3月30日~4月26日(4週分)です。

以下、ファミ通.comより。

■家庭用ゲームソフト 月間売上本数
1位:あつまれ どうぶつの森(Switch)任天堂:1,286,742本
2位:ファイナルファンタジーVII リメイク(PS4)スクウェア・エニックス:839,074本
3位:バイオハザード RE:3(PS4)カプコン(244,640本)
4位:聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ(PS4)スクウェア・エニックス:80,383本
5位:聖剣伝説3 トライアルズ オブ マナ(Switch)スクウェア・エニックス:70,114本

■家庭用ゲームハード 月間売上台数
1位 Nintendo Switch(合計):314,931台(先月1位 Nintendo Switch(合計):836,094台)
2位 プレイステーション4(合計):166,150台(先月2位 プレイステーション4(合計):64,492台)
(Nintendo Switchは、Nintendo Switch Liteとの合計値、プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

■家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数
1位:任天堂:162.1万本
2位:スクウェア・エニックス:103.2万本
3位:カプコン:29.9万本

※ファミ通調べ
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)

3月20日に発売されたNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』は、3月30日~4月26日に1,286,742本を販売して2ヵ月連続で1位にランクインしました。
累計販売本数は389.5万本に達し、これまでNintendo Switch向けソフトでトップだった『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(任天堂/2018年12月7日発売/Switch)の366.6万本を超えたとのこと。

ハード市場では、Nintendo Switch本体が2機種合計で31.5万台(前回83.6万台)を売り上げています。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク