【ファミ通調べ】2019年1月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年1月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2018年12月31日~2019年1月27日(4週分)

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:キングダム ハーツIII(PS4)スクウェア・エニックス 640,406本
2位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch)任天堂 414,092本
3位:Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス(Switch)任天堂 336,439本
4位:バイオハザード RE:2(PS4)カプコン 265,324本
5位:エースコンバット7 スカイズ・アンノウン(PS4)バンダイナムコエンターテインメント 184,204本

ソフトの月間売り上げ本数では、2019年1月25日発売に発売された『キングダム ハーツIII』が640,406本を販売して1位にランクインしました。
「キングダム ハーツII」(スクウェア・エニックス/2005年12月22日発売/PS2)からおよそ13年ぶりとなるシリーズ最新作で、当時のプレイヤーも含めてさまざまな世代から好評を博しました。

そのほかの新作では、2019年1月11日に発売された『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』が336,439本を販売して、スマブラSPECIALに続く売上げを記録しています。
スマブラSPECIALの累計は277.5万本となっており、年度内で300万本を突破することが見込まれいるとのことです。

New スーパーマリオブラザーズ U デラックス -Switch
任天堂 (2019-01-11)
売り上げランキング: 4
【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 432.062台(先月1位 Nintendo Switch 1,158,743台)
2位:プレイステーション4(合計) 220,823台 (先月2位 プレイステーション4(合計) 320,119台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

「Nitendo Switch本体」432.062台を販売して、11ヶ月連続で首位に輝きました。
累計販売台数は732.2万台となり、発売から約23ヵ月で700万台突破となっています。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂 133.6万本
2位:スクウェア・エニックス  82.0万本
3位:バンダイナムコエンターテインメント 46.0万本

スポンサーリンク