【ファミ通調べ】2018年4月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!2ヶ月連続で『星のカービィ スターアライズ』が首位に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年4月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2018年3月26日~2018年4月29日(5週分)

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に店頭(通販含む)で販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:星のカービィ スターアライズ(Switch) 任天堂 142,733本
2位:ファークライ5(PS4) ユービーアイソフト 134,237本
3位:実況パワフルプロ野球2018(PS4) KONAMI 133,555本
4位:Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit(Switch) 任天堂 114,434本
5位:スーパーロボット大戦X(PS4) バンダイナムコエンターテインメント 103,797本

ソフトの月間売り上げ本数では、3月16日に発売された『星のカービィ スターアライズ』が142,733本を販売し、2ヶ月連続で1位になりました。

4月20日に発売となった「Nintendo Labo」については、「Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit」・「Nintendo Labo Toy-Con 02:Robot Kit」は、合計で月間14.6万本を販売し、好調なスタートを切っています。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 178,144台
(先月1位 Nintendo Switch 188,951台)
2位:プレイステーション4(合計) 82,561台
(先月2位 プレイステーション4(合計)93,186台)
(プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります)

「Nitendo Switch本体」178,144台を販売して、2ヶ月連続で首位に輝きました。

5月3日にはSwitch期待の新作の『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が発売されたばかりですし、5月も引き続き好調なセールスを記録することになりそうです。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂 63.6万本
2位:バンダイナムコエンターテインメント 24.7万本
3位:KONAMI 20.2万本

スポンサーリンク