【ファミ通調べ】2017年12月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年11月27日~2017年12月31日(5週分)

<ファミ通調べ>
※ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。
※2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』(3DS) 558,376本
2位:『スーパーマリオ オデッセイ』(Switch) 504,467本
3位:『妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム』3DS) 396,464本
4位:『スプラトゥーン2』(Switch) 353,371本
5位:『マリオカート8 デラックス』(Switch) 319,550本

ソフトの月間売り上げ本数では、11月17日に発売された『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンが558,376本を販売し、2ヶ月連続で首位を獲得しました。
累計販売本数は200万本を突破し、2017年の年間ソフトランキングでも1位となっています。

『スーパーマリオ オデッセイ』は504,467本を販売し、2位にランクイン。
累計はすでに130万本を超えており、4位の『スプラトゥーン2』に続くミリオンヒット達成タイトルとなりました。
また、5位の『マリオカート8 デラックス』も12月期に100万本を突破して、Switchとして3本のミリオンタイトルとなっています。

スーパーマリオ オデッセイ
スーパーマリオ オデッセイ

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 993,318台
(先月1位 Nintendo Switch 372,619台)
2位:プレイステーション4(合計) 312,665台
(先月2位 プレイステーション4(合計) 121,272台)
※プレイステーション4は、プレイステーション4 Proとの合計値になります

Nitendo Switch本体は、これまでで最も多い993,318台という販売台数になりました。
11月よりも倍以上の本体を販売したことになります。

本体だけではなくソフトも人気で、月間ソフトランキングTOP20のうち10本がNintendo Switch用ソフトでした。
さらに、2017年3月の本体発売以来、機種別ソフト売上本数で初の月間首位を獲得したとのことです。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:任天堂/204.2万本
2位:ポケモン/61.9万本
3位:レベルファイブ/44.5万本

スポンサーリンク