【ファミ通調べ】2017年6月のゲームソフト・ハード売上速報が公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月のゲームソフト・ハード売上速報が公開されました。

以下、ファミ通.comのリリースより。

集計期間:2017年5月29日~2017年6月25日 (4週分)

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位: ARMS (Switch) 任天堂 154,845本
2位: 鉄拳7 (PS4) バンダイナムコエンターテインメント 79,484本
3位: マリオカート8 デラックス (Switch) 任天堂 58,652本
4位: 聖剣伝説コレクション (Switch) スクウェア・エニックス 41,128本
5位: モンスターハンターダブルクロス (3DS) カプコン 33,881本

ソフトの月間売り上げ本数は、6月16日に発売された『ARMS』が154,845本を売り上げ1位になりました。
3位と4位がSwitch、5位が3DSと任天堂ハードの力強さを見せつけています。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位: Nintendo Switch 129,971台 (先月1位 Nintendo Switch 127,314台)
2位: プレイステーション4(合計) 92,410台 (先月2位 プレイステーション4(合計) 82,566台)
(PS4は、プレイステーション4、プレイステーション4 Proの合計値)

Nitendo Switch本体は、129,971台という販売台数になりました。
5月に比べて少しだけ出荷台数が増えたくらいで、ほぼ同じ数字になりました。
累計販売台数は発売から約4ヵ月(17週目)で100万台に到達しました。

7月~8月は6月よりも多く本体を出荷することを任天堂が発表しているので、どれくらい販売台数が増えるかに注目ですね。
7月21日にはついに『スプラトゥーン2』が発売されますし、7月は相当な数になるのではないでしょうか。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位: 任天堂 33,5万本
2位: バンダイナムコエンターテインメント 15,5万本
3位: スクウェア・エニックス 12,7万本

総括
2017年6月期も、引き続きNintendo Switch(任天堂)が引っ張っていった月間になったようです。

2017年7月13日には新ハードのNewニンテンドー2DS LLが発売されるので、Switchだけではなくこちらにも注目したいところですね。

Nintendo Switch本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド