任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」は2017年3月期で52.4万台を販売

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月3日に発売された任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」ですが、2017年3月期で52.4万台を販売したことが分かりました。

以下、ファミ通.comのリリースより。
集計期間:2017年2月27日~3月26日(4週分)

【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】

1位:モンスターハンターダブルクロス(3DS)カプコン 1,270,332本
2位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(Switch)任天堂 307,621本
3位:Horizon Zero Dawn(ホライゾン ゼロ・ドーン)(PS4)ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア 167,756本
4位:ゴーストリコン ワイルドランズ(PS4)ユービーアイソフト 139,873本
5位:1-2-Switch(ワンツースイッチ)(Switch)任天堂 138,790本

Switch用のゲームソフトでは、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と『1-2-Switch』の人気が高かったようです。
特に『ゼルダの伝説 Botw』が人気で、Switchを購入した人の多くの方がこのソフトを一緒に購入したことになります。
ソフトのダウンロード版も含めれば、さらに本数が上がるのではないでしょうか。

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】

1位:Nintendo Switch 524,371台(先月1位 プレイステーション4(合計)140,068台)
2位:ニンテンドー3DS(合計)159,402台(先月2位 ニンテンドー3DS(合計)114,985台)
(ニンテンドー3DSは、Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DSの合計値、プレイステーション4はプレイステーション4 Proを含んだ合計値になります)

Nitendo Switch本体は、発売から24日間の集計で524,371台という販売台数になりました。
3月だけで、大台の50万台を突破したことになります。
3月26日までの集計データのため、3月31日時点ではもう少し販売台数が増えていると思います。

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】

1位:カプコン 130.8万本
2位:任天堂 73.1万本
3位:スクウェア・エニックス 27.8万本

カプコンが1位なのは、モンスターハンターが大きく影響しています。
さすが人気タイトルだけありますね。

総括
2017年3月期は年末商戦に匹敵する盛況となったようです。

Nintendo Switchに関しては、2017年4月期も「マリオカート8 デラックス」の発売が予定されているため、引き続き普及は続いていくと思います。
4月になっても本体の品薄状態が続いていることから、4月中も引き続き入手しづらい状態が続いていくでしょう。

Nintendo Switch本体

Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

スポンサーリンク