【ファミ通調べ】 Nintendo Switch、国内推定累計販売台数が100万台を突破

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch本体の国内推定累計販売台数が100万台を突破したことが、ファミ通調べで判明しました。

ニンテンドースイッチ 国内推定累計販売台数

(集計期間:2017年3月3日~2017年6月25日/販売週数:17週)

国内推定累計販売台数:1,016,473台

発売から17週(約4ヵ月)で国内累計販売台数100万台を突破したことになりますが、現行の据え置き型ゲーム機と比較すると、最も早い到達週数となるようです。
全国的に品薄状態でこの数字ですから、在庫がもう少し安定していたらさらに伸びていたでしょうね。

任天堂が7月~8月、そして年末に向けてSwitch本体を増産すると発表しているので、まだまだ販売台数の伸びが期待できると思います。

ニンテンドースイッチ向けソフト 国内推定累計販売本数TOP5

(集計期間:各発売日~2017年6月25日)単位:本

1位:マリオカート8 デラックス(任天堂)2017年4月28日発売
推定累計販売本数:501,614

2位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:460,480

3位:1-2-Switch(任天堂)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:200,807

4位:ARMS(任天堂)2017年6月16日発売
推定累計販売本数:154,845

5位:スーパーボンバーマン R(KONAMI)2017年3月3日発売
推定累計販売本数:92,112

ニンテンドースイッチ向けソフトでは、『マリオカート8 デラックス』(任天堂/2017年4月28日発売)が50.2万本を売り上げ、累計販売本数トップになっています。
1位~4位までが全て任天堂と、強さを見せています。

そんな中、『スーパーボンバーマンR』は92,112本と健闘していますね。
10万本超えて欲しいです。

サードパーティ(任天堂以外の会社)のソフトが売れていくことが今後の課題でしょうね。

情報源:ファミ通.com

なお、アスキー・メディアワークス事業局では、Nintendo Switch本体が16週目で100万台に到達したことを発表しています。
※調査会社ごとに調査方法が違うため、販売数にばらつきが出ます。

同期間(発売16週間)のWiiとWii Uの販売実績は、Wiiが185万台、Wii Uが82万台。
6週目で100万台を突破したWiiほどの勢いはないものの、Wii Uを上回るペースで販売実績を伸ばしているようです。

ニンテンドースイッチを購入
Amazon:NintendoSwitchストア
楽天ブックス:NintendoSwitchストア