PS4&Switch用ソフト『エスプレイドΨ』の発売日が2019年12月19日に決定!

スポンサーリンク

PS4&Nintendo Switch用ソフト『エスプレイドΨ』の発売日が、2019年12月19日に決定したことがエムツーから発表されました。
販売価格はダウンロード版が4,500円(税抜)、通常版が6,800円(税抜)、限定版が9,800円(税抜)です。

また8月8日から2週間、秋葉原のHeyにて新モード”アーケードプラス”の稼働を実施予定。
8月28日発売の電撃PS Vol.679では、『エスプレイドΨ(サイ)』を付録で猛烈プッシュ。
ゲームの魅力はもちろん、井上淳哉氏のインタビューや描き下ろしマンガ・イラストなどで大特集するとのことです。

本作は、1998年に発売された名作シューティング『エスプレイド』が、エムツーショットトリガーズと原作者である井上淳哉氏の共同作業で生まれ変わったタイトルです。
オリジナル『エスプレイド』の完全移植だけではなく、新モードや新ビジュアル、そして新ボイスが多数実装されているのが特徴です。

さらに本日より予約受付も開始されています。

【限定版同梱物】
・パッケージ版ソフト (PS4 or Switch)
・100P超の復刻公式設定資料集+新規インタビュー+α
・サウンドトラック
・ESP者ステッカー
・復刻インストラクションカード

【予約特典】
・エスプレイドガイドブック ESP者への道
※通常版、限定版ともに付属

Amazon.co.jpでの予約はこちら (PS4 / Switch)

各種店舗特典などもあります。

詳しい詳細については、公式サイトや電撃オンラインの記事をチェックしましょう。

【公式サイト】
https://m2stg.com/esprade/

情報源:電撃オンライン

※掲載している価格等の情報は、2019年8月8日時点のものです。