Switch版『Ember』が海外向けとして2020年1月21日に配信決定!30時間以上の壮大な冒険が楽しめるクラシックなロールプレイングゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Ember』が、海外向けとして2020年1月21日に配信されることが開発スタジオのN-Fusionから発表されました。
北米での販売価格は$19.99に設定されています。

本作は、30時間以上の壮大な冒険が楽しめるクラシックなロールプレイングゲームです。
古典的なクラシックRPGから影響を受け開発されました。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

「Lightbringer」よ、目を覚ますのです!誓いに従い、死にゆく世界でエンバーを守りなさい。
あなたは今、このDeep Barrowsから冒険の旅に出ます。
広大な世界を横切り、未知の国に迷い込み、密林や砂漠、奈落の底を通って、光の街を目指すのです。

■エンバーとは
「遥か原初の時代、そこには太陽はなく、世界は暗黒に包まれていた。ある日、天界がその口を開き、星々が「かがり火」のように漆黒の世界に降り注いだ。それが「エンバー」である。力強く、そして賢明なる古代ドルイド族、「Lightbringer」たちは、この光り輝く物体を求め、この星を彷徨った。彼らは、深い眠りの中で、「エンバー」を呼び起こす覚醒の儀を行った。その時、突然、世界は光に包まれ、暗黒の覆いは消え去った。エンバーは魔法の炎と光そして生命を具現化した存在であった。しかし、その恐るべき力の噂が広まるにつれ、彼らは狩られ、捕えられた…こうして、かの「エンバー戦争」が始まったのである…」 歴史書「Lightbringerの復活」より

■ゲームプレイ概要
10年以上の長きにわたり、信念をもって開発が行われたこの「エンバー」は、昔ながらのクラシックなロールプレイングゲームのオマージュです。「エンバー」には、奥が深く分岐するストーリーやダイナミックで生き生きとした環境、重厚なスキルツリー、精緻な生産システムが用意されています。崩壊間際のこの世界において、プレイヤーは「Lightbringer」として召喚され、死にゆくエンバーを守るために再び命を与えられます。Deep Barrowsの暗闇で目覚めたプレイヤーは、地上と地下に分かれた広大な世界を巡る旅に出ます。雨の多い密林や乾燥した砂漠、暗い奈落の底などの様々な試練を乗り越えて、光の街にたどり着かねばなりません。旅の道中で出会う人物たちとの会話でストーリーは広がります。運命を決める決断をするのはプレイヤー自身です。

【主な特長】
・20時間以上の壮大な冒険が楽しめる、クラシックなロールプレイングゲーム
・魅力的なキャラクターと伝説、冒険とユーモアいっぱいの壮大なストーリー
・プレイヤーが自ら進むべき道を決められる自由度の高い70以上のクエスト
・パーティーベースのリアルタイム戦闘システム。戦略決定時にはポーズが可能
・65を超える戦闘スキルを使用して、カスタマイズ可能なパーティーでの戦略バトルを戦え
・ユニークなストーリーを紡ぐ数百ものNPCが登場
・奥の深い生産システム。パンの生産から魔法武器の鋳造まで可能
・20以上もの緻密に作りこまれた世界と薄暗いダンジョン
・ユニークなストーリーのクエストを備えた様々な仲間に出会え
・ダイナミックに変化する気候と時間の移り変わりを体験せよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク