『Edna Remake』と『Harveys New Eyes』のパッケージ版が海外向けとして発売決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switc版『Edna Remake (Edna & Harvey: The Breakout)』『Harveys New Eyes (Edna & Harvey: Harvey’s New Eyes)』のパッケージ版が、海外向けとして発売されることが決定しました。
これはAmazon.DEのリストによるものです。

前者のタイトルは、昨年8月にSwitchでリリースされることが発表されていました。

『Edna & Harvey』は、ポイントアンドクリック型の脱出アドベンチャーゲームシリーズで、どちらのタイトルもPCなどのプラットフォームで利用可能です。

以下、Steamの商品紹介ページより各タイトルの概要です。

■Edna & Harvey: The Breakout
「Deponia」と「The Whispered World」のクリエーターの受賞・デビュー作であるこのアドベンチャーゲームは、ただ今Steamから配信中です。 若い少女、エドナと喋るぬいぐるみのハービーと共に、クッション壁の病室から奇抜的な脱出を試みよう。 精神科病院を脱出し、とそのレンガの壁を越えて奇妙な冒険に旅立とう。

最初のシーンでは、エドナは記憶がないまま精神化病院のクッション壁の病室で目を覚ます。 彼女はどうやってそこにたどり着いたか見当もつかいないが、一つだけ分かっていることがある。それは、脱出することだ! だって彼女は完全に正気だと信じていて、喋るウサギのぬいぐるみのハービーも完全に同意していた。 共に力を合わせて、脱出を試みる。その際、蜂のコスチュームを着た男や擬似二重体児のホッティとモッティなど、かなり奇妙な患者たちに遭遇する。 しかし院長のドクター・マーセルはなんとしてでもエドナの脱出を阻止しようとする。 彼はなにを企んでいるのか? そしてなぜ彼女の記憶が消されたのか? やがて、エドナは監禁される前の記憶を取り戻し始める。。。

<主な特徴>
■20時間以上ものひねくれたユーモアが満載
■面白おかしいキャラクターや変わった会話など
■ユニークなコミックス・スタイル
■ロック解除できるアチーブメント
■ドイツ語と英語のナレーション
■2009年 Red Dot Design Award (PC版)の受賞作品
■本ゲームは「The Whispered World」と「Deponia」などの受賞作品のクリエーターが作り出した作品です

■Edna & Harvey: Harvey’s New Eyes
照れ屋のリリーにとって修道院での暮しはきついが、彼女の鮮やかな想像力によって、牧師マザーによる厳しい規則から逃れることに成功した。リリーは、どんなに理不尽なことでも、言われたことをすべて忠実にこなす。検討せずに命令に従う彼女の無邪気で冷静な心は、悲劇的で不吉である。すべての懸念やいかなる稚気は彼女の心の奥底に眠っている。

リリーに不快なことが起きるたびに、彼女はノームのハッピーな検閲にいつも頼っている。ノームはリリーが考えたくないことすべてをピンク色に染め、面白おかしく、そして都合よくさせる!

しかし、これらのジャガイモみたいな友達は実在するのか、それともリリーの想像によるものなのか?明らかに、彼女の正気が失われるのは時間の問題だ!

ある日、リリーの大親友であるエドナが突然いなくなり、リリーはその子を探し当てるだけではなく、彼女自身の最大の恐怖を克服するために、自らの限界を超えて困難な旅に出ることとなった。

<主な特徴>
■ユニークで主導で描かれた背景画とアニメーションは漫画のようだ。HDでも利用可能!
■お馴染みのポイント&クリックのアドベンチャーは文句なしだ。拾えるものすべてを掴み、チャット、パズルを解いたりなど
■かなり変わった登場人物と奇妙なユーモアのセンス
■E挑戦しがいのあるクイズ、何時間ものチャットや53種類の設定による傑出したゲーム体験
■ドイツの「German Computer Games Awards 2012年」(PCゲーム賞)により「今年の一押しゲーム」、「今年の若者対象ゲーム」、そして「German Game Developer Awards 2011年」(ドイツのゲーム開発賞)により「最高の若者対象ゲーム」、「最高のアート・デザイン」そして「最高のストーリー」としてノミネートされた
■受賞歴のある“The Whispered World”及び“Deponia”開発者によるタイトル

情報源:Nintendo SoupLink2Link3

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク