Switch版『Dragon Audit』が海外向けとして2021年4月15日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Archive Entertainmenが、Nintendo Switch版『Dragon Audit』を海外向けとして2021年4月15日に配信することを発表しました。
販売価格は$9.99に設定されています。

本作は、古典的なポイントアンドクリックゲームに触発された、感動的なストーリーや軽い謎解き要素を含む3Dコメディアドベンチャーゲームです。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

戦闘会計士はお姫様を救出するべく、城へ乱入したのだが、逆に誤って寂しがりのドラゴネスを助けてしまった。
古典的なポイントアンドクリックに触発された3Dアドベンチャーーコメディ、軽い謎解き、感動的なストーリの混ぜ合わせ。

ドラゴンオーディット(Dragon Audit)は、城を乱入してお姫様を救出する勇敢な戦闘会計士に続く陽気なアドベンチャーゲームだが、意外なことに、寂しがりのドラゴネスを救出する展開になってしまった。ストーリーが豊富なそのゲームプレイは、ポイント&クリックのコメディクラシックに触発され、アニメに触発された3Dビジュアルスタイルと最新のコントローラーフレンドリーな入力で語られる。

【ゲーム機能】
■可愛くて心のこもったストーリーと軽い謎解きを備えた「ウォーキングシミュレーター」アドベンチャーゲーム。
■面白いキャラクターに出会い、彼らの奇妙なサブクエストに手を貸してくれ。
■3Dの世界を探検してくれ。 アイテム、キャラクター、ミニゲーム、隠されたジョークを見つけよう。
■長さおおよそ(約90分間)のコメディ映画; は選択できる1つのエンディングが含まれている。
■時には感情的に影響を与える会話や映画、時にはパンツの冗談を言うことだってあるよ。

【ストーリ】
魔法と危険に満ちた世界には、高い壁の後ろに隔離され、公に許されない会計原則の会計士の街が存在する。そこでの戦闘会計士であるジョージは、近くの城へ乱入し、ドラゴンを殺した後に、お姫様を救出に励み、そして(その中に最も重要なのは)未払いの税収を助けるために、街の安全から離れるというやっかいな任務が与えられている。 その間、アイロウ(ドラゴン)は、彼女を殺すために度々現れた騎士にもううんざりだと思い、誰も彼女を救いたくないと少し嫉妬を感じている。 それで彼女はジョージを騙そうとしてお姫様を救う代わりに彼女を救出する計画を立てた。 2人がチームを組むと、どんちゃん騒ぎが続き、おぼつがないデュオは、一緒の冒険を通してゆっくりと距離を縮めることになる。

情報源:Nintendo.com

Copyright 2018-2021 Archive Entertainment. ALL RIGHTS RESERVED.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする