任天堂とLINEが提携して『Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)』を2019年初夏に配信することを発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

任天堂とLINEが提携して、『Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)』を2019年初夏に配信することを発表しました。

配信対象国は、初期は日本や米国を含む約60の国や地域です。

スマートデバイス向けゲームアプリ事業におけるLINE株式会社との協業およびアプリ配信のお知らせ
任天堂株式会社(本社:京都市南区、代表取締役社長:古川 俊太郎、以下任天堂)と、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)は、スマートデバイス向けゲームアプリ(以下ゲームアプリ)事業における協業について合意いたしました。また、両社はこの協業に基づき、共同でゲームアプリを開発、運営いたしますので、以下のとおりお知らせいたします。

1. 協業の内容
任天堂は、独創的な娯楽商品を世界に向けてつくり続け、「マリオ」を代表とする多数のキャラクターを生み出し、ホームエンターテインメントの分野において、ゲーム文化の代名詞として世界に知られるブランドを確立してきました。また、2016年よりゲームアプリ事業を開始し、ビデオゲーム事業以上の幅広い国と地域のお客様に、任天堂IPに触れていただける機会を創出しています。

LINEは、「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションに掲げ、世界中の人と人、情報・コンテンツ、サービスなどのあらゆるものが、いつでもどこでも、最適な距離でシームレスに繋がる世界を目指しています。生活の全てが完結する「スマートポータル」を実現すべく、様々な領域においてサービスを展開し、コミュニケーションアプリ「LINE」における、アジア主要4地域(日本、台湾、タイ、インドネシア)の月間アクティブユーザー数は、1億6,500万人を超え、今もなお、成長し続けています。

今回、両社はこれらの強みを活かし、共同で『Dr. Mario』をベースにした新しいアクションパズルゲーム『Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド)』を開発、運営することに合意しました。『Dr. Mario World』は、任天堂を配信元として、日本とアメリカを始めとしたグローバル市場に向けて、2019年初夏の配信を目指しております。
なお、『Dr. Mario World』の開発、運営には、NHN Entertainmentが参画いたします。

ジャンルはパズルゲームで、価格はダウンロードおよび一部プレイ無料。
対応OSはiOSおよびAndroidとなります。
上記の通り多くの国で配信が予定されており、日本や英語を含む複数の言語に対応します。

言うまでもなく任天堂のパズルゲーム『ドクターマリオ』をフィーチャーしたものとなり、「ワールド」と付けられているので、世界中のプレイヤーと繋がりを感じられるものになるのかもしれません。

ドクターマリオ
ドクターマリオ

posted with amazlet at 19.02.01
任天堂 (1990-07-27)
売り上げランキング: 11,450
amiibo ドクターマリオ (大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)
任天堂 (2015-07-30)
売り上げランキング: 1,975

情報源:任天堂公式サイト

©2019 Nintendo Co-Developed by LINE and NHN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク