Switch版『Downwell』が2018年秋に発売決定!学生が一人で作った2Dジャンプアクション・シューティングゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『Downwell』が、2018年秋に発売されることが決定しました。


本作は、学生の頃に「もっぴん」さんが作り上げた2Dジャンプアクション・シューティングゲームです。
Steam版とiOS版は2015年10月15日から配信されていて、学生が一人で作ったことやゲーム内容などからリリース前から話題となり、配信されるいなやSteamや海外サイトのレビューで高評価を獲得するなど絶賛されたタイトルです。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

Downwell は、果てしなく深い井戸を下っていく2Dジャンプアクション・シューティングゲームです。
靴型兵器・ガンブーツを駆使して、敵を撃ったり踏んづけたりしながら、毎回地形の変化する奇妙な井戸を攻略していくこととなります。
アイテムを拾ったり、お店で買い物をしたり、レベルクリア時に取得するアップグレード等を頼りに、ひたすら井戸の底を目指しましょう。

■ガンブーツ
ガンブーツは撃つことによって敵へ攻撃できるだけでなく、落下の減速にも使え、安全な空中移動・着地の補助となります。
■アイテムとアップグレード
異なった武器やアップグレードを入手することで、ゲームのプレイの仕方が少しづつ変わっていきます。自分に合ったアップグレードの組み合わせを見つけていきましょう。
■ランダム生成
ゲーム中のレベルは全てランダム生成されており、プレイする度に異なった地形となっているので、ステージの記憶は役に立ちません – あなたのゲームの腕が試されます。

ちなみに、本作の開発者である「もっぴん」さんは今年1月に、任天堂に就職したと発表していました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク