Switch&Xbox One版『Donut County』が海外向けとして2018年12月18日に配信決定!可愛らしい世界観が特徴のストーリー性のある物理パズルゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch&Xbox One版『Donut County』が、海外向けとして2018年12月18日に配信されることがゲームの公式Twitterでアナウンスされました。
販売価格は発表されていません。

本作は、『フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと』および『The Unfinished Swan』を手がけたインディー開発者Ben Esposito氏によって開発された、可愛らしい世界観が特徴のストーリー性のある物理パズルゲームです。
プレイヤーはアライグマのBKを操作して、”穴”の物理パズルを解き明かしていきます。

もともとは今年8月にPS4と&PC/Mac&iOS向けとして配信が開始されたのが始まりで、ユーザーから高い評価を受けました。

現在配信中のSteam版は日本語に対応しており、日本語に対応したPS4版も2018年12月18日に配信される予定です。
現時点でSwitch版の日本語対応アナウンスはありませんが、このことから日本での配信にも期待が持てるはずです。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

『Donut County』は、プレイヤーが地面にどんどん広がっていく “穴”として遊ぶ、物理効果を活用したストーリー性のあるパズルゲームです。
かわいいキャラクターに出会い、彼らのゴミを盗み、穴に放り込んでください。

■ゴミが宝物な街
Donut Countyは、リモコンでコントロールされるゴミ泥棒の穴により、アライグマに乗っ取られてしまいました。
あなたは友達と彼らの家を飲み込んでいく“穴”を動かす、アライグマのBKとしてプレイします。
BKが自分で掘った穴に落ちると、親友のMiraとDonut Countyの住民たちに釈明を求められます…
それもそのはず、彼らはみんな、999フィートの地下に閉じ込められているのですから!

■広がり続ける穴
– 探索: それぞれユニークな環境になっている各キャラクターの家を探索してください。
– 移動:穴を動かし、彼らの所有物を飲み込み、大きくしていってください。
– 組み合わせ:中の物体を組み合わせ、クレイジーな効果を生んでください。スープを作ったり、ウサギを繁殖させたり、花火を打ち上げたり…。
– カタパルト:穴から物を打ち上げてください。それでパズルが
– 解けたり…または単に、物を破壊することもできます。
– ガツガツ:全てを平らげてください。カウンティが全てなくならない限り、穴がとどまることはありません。

『Donut County』は、『What Remains of Edith Finch(フィンチ家の奇妙な屋敷でおきたこと)』および『The Unfinished Swan』を手がけた インディー開発者、Ben Espositoにより制作されました。
6年間に及ぶ単独開発、たくさんのドーナッツ(研究用)、そしてあるアライグマとの運命的な出会いがあって生まれた新作です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク