『Doki Doki Literature Club Plus!』のアジア版が2021年10月7日に発売決定!

スポンサーリンク

PLAYISMが、『Doki Doki Literature Club Plus! (ドキドキ文芸部 プラス!)』のアジア版を2021年10月7日に発売することを発表しました。
プラットフォームはPS4&PS5&Nintendo Switchで、価格はパッケージ版が4200円(税込)、ダウンロード版が1980円(税込)です。

本日より、Amazon.co.jp(PS4,PS5,Nintendo Switch)などでパッケージ版の予約受付も開始です。

【アジア向け豪華初回特典付パッケージ版の収録内容】
・ゲームソフト
・キャラクタースタンド4個セット
・フロッピーディスク型ペーパーカードに印刷したフルサウンドトラックダウンロードコード
・ステッカーシール
・ドキドキ文芸部メンバーズカード
・モニカが書き下ろした詩
・オリジナルキャラクターしおり4個セット(アジア版限定)


なお、昨日紹介したように米国向けには2021年8月31日にパッケージ版が発売されるほか、デジタル版は6月30日に配信済みです。

本作は、2017年にTeam SalvatoがSteamにてフリーゲームとしてリリースし、現在世界で1,000万ダウンロードを記録したギャルゲー風のビジュアルノベルゲーム『ドキドキ文芸部!』に追加要素を収録したプラスバージョンです。
一般的な美少女ゲームの見た目とは裏腹に、サイコロジカルホラービジュアルノベルとして位置づけられています。

※掲載している価格等の情報は、2021年6月30日時点のものです。

© 2021 Team Salvato & Serenity Forge. All rights reserved.
Licensed to and published by Serenity Forge LLC and Active Gaming Media Inc.