Switch用ソフト『怒首領蜂大復活』の配信日が2021年11月25日に決定!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『怒首領蜂大復活』の配信日が、2021年11月25日に決定したことがeショップのリストで判明しました。
販売価格は2,500円(税込)に設定されています。

本作は、アーケードで人気の縦スクロール弾幕シューティングゲーム『怒首領蜂大復活』のSwitch版です。
なお、『虫姫さま』『エスプガルーダⅡ ~覚聖せよ。生まれし第三の輝石~』はすでに配信済みです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

“大往生”したのに大復活 伝説の縦スクロール弾幕シューティングゲーム

■ストーリー
ルナポリスでの大規模な戦闘行為が終結して、6年後… 月に拠点を置く “首領蜂隊” 本部は時空に残る微細な乱れを感知。調査の結果、それは過去への大量の物質移送によるものと判明。その行為に及んでいたのは、あろうことか6年前の戦いの末に暴走し廃棄されたはずのエレメントドール「エクスイ」であった。

過去に戻って歴史を書き換えようと企むエクスイと、それを阻止せんとする首領蜂軍との戦いが、2008年5月の日本を舞台に繰り広げられる。世界は再び戦火に包まれる。蜂の羽音はいまだ止まりはしない!

■爽快感あふれるなバトルシステム
移動速度やショットタイプに特徴がある3機種の内、一つを選んで出撃。 ボムを使用し、画面全体への攻撃と同時に敵弾を打ち消すことができるオーソドックスな「ボムスタイル」
ボムはほとんど撃てないが、ショットパワーを任意に切り替えることができる「パワースタイル」
そして、その2つの強さを兼ね揃えた「ストロングスタイル」
機体とショットスタイルを、自分の好みに合わせてセッティングが可能。
さらに、自機のパワーアップと同時に敵弾を相殺する「ハイパーカウンターモード」。敵のレーザーを打ち消す「カウンターレーザー」で戦いを有利に導こう。

■特徴
*熟練度を問わず、あらゆる怒首領蜂ファンのために用意された8つのモード
*初心者のために用意されたノービスモードと、家庭版専用に用意されたアレンジモード
*敵弾を相殺する「ハイパーカウンター」と、敵のレーザーを押し返す「カウンターレーザー」により広がる攻略性
*2008年の東京を舞台とした、既視感のあるバトルフィールド
*新しいシステムを採用した “ブラックレーベル” を同時収録
*縦置きモードで楽しめる画面設定オプション

©2008, 2010, 2016 CAVE Interactive CO., LTD. DEVELOPMENT AND DISTRIBUTION BY Live Wire Inc.