日本一ソフトウェア:来年発売作品からPS4とSwitchのマルチ移行方針

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本一ソフトウェアは、Nintendo Switchのローンチタイトルとして『魔界戦記ディスガイア5』を3月3日に発売しました。
結果は3万本の出荷と健闘しました。
2017年5月には海外でもSwitch版が発売されましたが、こちらも10万本超えと販売好調だったようです。

エース経済研究所の安田さんによると、日本一ソフトウェアは「ディスガイア5のSwitch版大ヒット。来年発売作品からPS4とSwitchのマルチ移行方針。Switchへの投入を積極化することで収益機会の拡大を狙う亅と述べているようです。

以下、Wall Street Journalの記者Takashi Mochizuki‏さんのTwitterより。

Switch版『魔界戦記ディスガイア5』が成功したことで、今後も日本一ソフトウェアからNintendo Switch向けのゲームが発売されることに期待できそうですね。