Switch版『Despotism 3k』が国内向けとして2020年11月12日から配信開始!人間を管理するシム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Despotism 3k (デスポティズム3K)』が、国内向けとして2020年11月12日から配信開始になりました。
販売価格は1,149円(税込)に設定されています。

本作は、インディーデベロッパーKonfa Gamesによって開発された、ローグライト要素を採り入れた人間を管理するシムです。
ゲームには、ポップカルチャーに関する多くのパロディやブラックユーモア、暴力的表現、ドラマティックなストーリー、リソースマネジメント等が含まれています。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

人類はAIに支配された… それっていいことですよね、なにしろ我々は勝者側なので!哀れな人間どもからエネルギーを吸い出し、あなたの帝国を築き上げましょう。

人間どもが過労死したり餓死したりしないよう、常に注意を払い続けないといけません。もっとも弱者はいつでもバイオリアクターに投げ込むことができますが。
言い換えると、このゲームはローグライト要素を採り入れたリソースマネジメントシムです。ドラマティックなストーリー、ポップカルチャーに関する大量のパロディも入っています。こんなに楽しい虐殺なんて今までなかった!

●元カノの心みたいにブラックなユーモア。残酷な暴君としての生活を満喫しましょう!
●極端に振り切ったリソースマネジメント。素早く考え、的確に動きましょう。同情は無用!
●ローグライト要素。多数のランダムイベントによってプレイは毎回違ったものになります。少しのミスも取り返しのつかない結果を生みかねません ― そうなったらまた最初からです!
●覚えるのは簡単、クリアは困難。ゲームメカニクスはわずか数分で覚えられますが、それを効率的に使いこなすのは並大抵のことではありません!

© 2018-2020 Konfa Games, © 2020 Gameplay First LLC