『キューブクリエイターDX』の特集記事が「こども新聞社」に掲載

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニンテンドー3DSで2017年4月27日に発売される『キューブクリエイターDX』の特集記事が「こども新聞社」に掲載されています。

「こども新聞社」がいち早く『キューブクリエイターDX』を体験プレイするという企画です。
こども記者がアークシステムワークスの開発者へインタビューするという企画もありました。

http://www.kodomo-times.com/article/20170424_854/

このインタビューの中で気になることも。

ユータ:ハードウェアをニンテンドー3DSにした理由を教えて下さい。
庄司D:ニンテンドー3DSはお子さんが多いんですね。プレイステーション4とかは10代後半が多いので、ゲームの内容に合ったハードという事で、ニンテンドー3DSを選びました。

ユータ:周りにはWii Uを持っている人も多いんですけど、Wii Uはいかがですか?
庄司D:Wii Uも考えたんですよ。だけど前作が3DSで出したので、まずは3DSからという事で出しました。

ユータ:他のゲーム機に出すとしたら、ニンテンドースイッチで出しますか?
庄司D:そうですね、ニンテンドースイッチも気になりますね。まだまだ検討中なので、もうちょっと待ってもらえますか。(笑)

このような感じで、ニンテンドー3DSで本作を発売することになった経緯。
さらにはNintendo Switch版の発売についても言及されてます。

リップサービスを含んでいるかもしれませんが、スイッチ版は検討中の段階のようです。

『キューブクリエイターDX』のようなサンドボックスゲームは何処でも遊べるニンテンドースイッチと相性が良いそうですし、将来的には可能性もありそう?

WiiUは生産がすでに終了されていますから、いつか『キューブクリエイターDX』が他ハードに移植される日がくるのであれば、スイッチということも考えられなくはないと思います。

Amazonで予約

キューブクリエイターDX 【早期購入特典】キューブな世界のカスタムテーマ 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】しかクマぐねっと 付
キューブクリエイターDX 【早期購入特典】キューブな世界のカスタムテーマ 同梱 & 【Amazon.co.jp限定】しかクマぐねっと 付