『Crash Team Racing Nitro-Fueled』がコンソール向けとして2019年6月21日に発売決定!『クラッシュ・バンディクー レーシング』がリマスター化されて復活!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


本日12月7日に開催されている「THE GAME AWARDS 2018」で、『Crash Team Racing Nitro-Fueled』がPS4&Xbox One&Nintendo Switch向けとして2019年6月21日に発売されることがActivisionからアナウンスされました。

本作は、プレイステーションで発売された名作レースゲーム『クラッシュ・バンディクー レーシング』を、最新のコンソールでリマスター化して復活させたものです。

クラッシュバンディクーレーシング
ソニー・コンピュータエンタテインメント (1999-12-16)
売り上げランキング: 4,521

移植ではなく完全にリマスタリングされ、最大限まで改善された本物のCTR体験ができます。

<主な特徴>
– オリジナルのゲームモード、キャラクター、トラック、パワーアップ、武器、コントロールでエンジンを始動する!
– オリジナルのゲームを超えて、追加のカートやトラックで栄光へのパワースライド!
– オンラインリーダーボードで友達とオンラインで競争し、競争を打ち砕こう!

販売価格は通常版が39.99ドルで、特別な要素が含まれたNitros Oxide Editionも59.99ドルで発売される予定です。

ちなみに、Switchでは『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! ボーナスエディション』に続いて「クラッシュ」シリーズが登場ということになりました。

なお、現時点で国内向けとして発売されるかは不明となっています。

下記にアナウンストレーラーがあるので、興味のある方はチェックしてみてください。


スポンサーリンク