Nintendo Switch版『Cloudpunk』が2020年10月15日に国内配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『Cloudpunk』が、海外と同日の2020年10月15日に国内配信されることが決定しました。
販売価格は2,570円(税込)に設定されています。

本作は、ドイツ・ベルリンに拠点を置くゲームスタジオION LANDSによって開発された、サイバーパンクの街を舞台にしたストーリーベースのADVです。
プレイヤーは半合法的な配達会社の配達ドライバーであるラニアとして、人間、AI、アンドロイドを含む多様な登場人物と出会い、そして交流していくことになります。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

あなたの名前はラニアです。今夜は、大規模な都市ニヴァリスに拠点を置く半合法的な配達会社、クラウドパンクで働く最初の夜です。

目の前に広がるサイバーパンクの街、ニヴァリスでは、クラウドパンクの配達ドライバーとしての最初の夜は、人間、AI、アンドロイドを含む多様な登場人物と出会い、交流するでしょう。

あなたは下にある「骨髄」から対流圏の端を削る前に高い灰色の雲を突き抜ける尖塔まで、どこにでも行きます。配達の仕事はあまり危険ではなく、クラウドパンクドライバーより速い者はいません。

このストーリーベースのサイバーパンクゲームでは、社会のすべてのレベルで、アンドロイド、AI、悪意のある人間を含む多様なキャラクターに出会うことができます。誰もが物語を持っていて、ニヴァリスのある夜のうちにすべてが変わるでしょう。

【特徴】
●巨大な垂直サイバーパンクの街を探検車や徒歩で探求
●ラニアの目を通して企業の陰謀、ハッカー、不正なAIの世界で謎を解明
●多様なキャラクターに会い、日常生活に没頭
●あなたの決定はニヴァリスの住民に永続的な影響を与えます
●隠された場所とアイテムを発見して、追加の物語をアンロック

Copyright © 2020 Published by Merge Games, Developed by ION LANDS. All rights reserved.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク