Switch版『Close to the Sun』が海外向けとして発売決定!スチームパンクのホラーアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Close to the Sun』が、海外向けとして発売されることがパブリッシャーのWired ProductionsとデベロッパーのStorm in a Teacupからアナウンスされました。
PS4&Xbox Oneバージョン(2019年後半発売予定)と共に登場する予定です。

Switch版のより多くの詳細は、今後発表されます。


本作は、今年5月からPC向けとして配信が開始されている、一人称視点によるスチームパンク・ホラーアドベンチャーゲームです。
Unreal Engine 4を使って制作された美麗グラフィックを特色としています。

以下、EpicGames Storeより本作の概要です。

「現在は彼らのもので、未来は私のもの」– 二コラ・テスラ

1897年。ヘリオス号は公海の真っただ中で停止していた。
暗い雲が空を覆い、荒波が船体を打ちつける。精緻を極めた巨大な金の彫像が見る者を圧倒する。

二コラ・テスラの構想によって製造されたヘリオス号は、エリート科学者たちにとって安息の場所だった。
国家による制約や社会の目から解放され、自由に研究を行えるユートピアである。
何を研究してもどれだけ時間をかけても誰にも文句を言われない。

ジャーナリストのローズ・アーチャーがヘリオスに乗船したのは妹のアダを探すためだった。
だがすぐに何かがおかしいことに気づく。
メインホールが空なのだ。腐敗した肉の臭いが鼻を突く。
まったくの静寂。入り口に書かれたひとつの言葉は…隔離!

スポンサーリンク