Switch版『CHAOS CODE -NEW SIGN OF CATASTROPHE-』が台湾のレーティング機関に評価される!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Nintendo Switch版『CHAOS CODE -NEW SIGN OF CATASTROPHE- (カオスコード ニューサインオブカタストロフィ)』が、台湾のレーティング機関によって評価されました。

本作は、F K DIGITALによって開発された対戦格闘ゲームです。
現在PS4やPC(Steam)といったプラットフォームで利用可能ですが、これが事実であればSwitchでもリリースされることになるでしょう。

なお、開発のF K DIGITALは2020年3月31日以降、あらゆる新タイトルの開発を中止すると昨日2月10日に発表したばかりです。
「既存タイトルは影響ございません」という発言もありましたので、Switch版は言及された新タイトルに含まれてない可能性もあります。
もちろん、公式なアナウンスがあるまでは何とも言えませんが。

以下、Steamの商品紹介ページから本作の概要です。

シンプルな操作で多彩な技と高速バトル!
個性豊かな16人のキャラクターを操り、全国のプレイヤーとレッツバトル!

『カオスコード -ニューサインオブカタストロフィ-』はシンプルな操作で多彩な技と高速バトルが楽しめる2D対戦格闘ゲームです。
ゲームモードは7種類を用意。インターネットに接続して通信対戦も可能です。
個性豊かな16人のキャラクターを操り、全国のプレイヤーとレッツバトル!ランキングの頂点を目指そう!

個性豊かな16人のキャラクターは、それぞれ選択可能なスキル(技)を4つ持っており、キャラクターセレクトの際に自由に付け替えることができます。
さらに「カラーエディット」を使用すれば、自分好みの戦略&見た目のキャラクターでプレイすることができます!
ゲームモードは「アーケードモード」「バーサスモード」「ミッションモード」など7種類を用意。
その中の「ネットワーク」では、インターネットに接続して通信対戦が可能!
全国の猛者たちと戦い、ランキングのトップを目指そう!

経由:Gematsu

スポンサーリンク