Switch版『Centipede: Recharged』が国内向けとして2021年9月30日に配信決定!


Nintendo Switch版『Centipede: Recharged』が、国内向けとして2021年9月30日に配信されることが決定しました。
販売価格は1,099円(税込)に設定されています。

本作は、昆虫退治のアーケードゲーム『Centipede (センティピード)』を現代に復活させたタイトルです。
最近のモニターに合わせてビジュアルをより鮮やかにし、プレイフィールドは16:9、オリジナルサウンドトラックは受賞経験のある作曲家ミーガン・マクダフィーが手掛けるなどパワーアップした内容になっているとのこと。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

心臓に響くミーガン・マクダフィーのオリジナル楽曲にノリながら、鮮やかなレトロゲームの復刻版で昆虫を退治してハイスコアを狙おう。

懐かしい昆虫退治のアーケードゲームが帰ってきた!現代版のCentipede: Rechargedは、最近のモニターに合わせてビジュアルをより鮮やかにし、プレイフィールドは16:9、オリジナルサウンドトラックは受賞経験のある作曲家ミーガン・マクダフィーが担当。

おなじみのアーケードモードでハイスコアを狙い、自分の名前をランキングのトップに刻んで友達に自慢しよう。または、新鮮&ドキドキのチャレンジ30個にランクインして自分のスキルを試してもよし。創造力を掻き立てるチャレンジにきっとキミも夢中になるはずだ。

画面を吹き飛ばす爆発、レールガン、時間スローダウンなど、戦いを有利にしてくれる十数個のパワーアップが用意されている。モードとレベルはどれもローカル協力モードで友達とプレイ可能だ。

【主な特徴】
●新旧の融合: 昔遊んだセンチピードのゲームプレイをそのままに、最近のPCやコンソール向けになめらかな操作性とビジュアルを実装

●パワーアップ: 自由に使える十数個のパワーアップ ― 敵を追い払う、サイドからの攻撃でスキを突く、爆弾を次々と落とす、その他諸々のパワーアップが用意されている

●チャレンジ: ベテランプレイヤーも舌を巻くほどのチャレンジ30個に挑戦してみよう

●競い合おう: アーケードと個々のチャレンジモードそれぞれに用意された国別グローバルリーダーボードでトップを狙え

●友達と一緒に: すべてのモードで、友達とローカル協力プレイが可能。昆虫を退治しながら一緒にスコアを上げていこう

●グルーヴィーにプレイ: ミーガン・マクダフィーによるオリジナル楽曲でリズムを感じながらプレイしよう

© 2021 Atari Interactive, Inc
Centipedeとそのロゴ、AtariとAtariのロゴは、米国およびその他の国におけるAtari Interactive, Inc.の商標です。All rights reserved.