『Celeste (セレステ)』の新ローカライズバージョンは全機種で差し替えになることが判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日、ファミ通.comの記事にてPS4版『Celeste (セレステ)』が2019年9月10日に発売されることが発表されました。

PS4版は、ハチノヨンがテキストを新たに翻訳し直した新ローカライズバージョンになる予定です。
本作はもともと日本語に対応していましたが、やや不自然な翻訳が見られたため、これを機に見直すことにしたとAUTOMATONによって推測されています。

上述したように、今回ローカライズを担当したのは『UNDERTALE』や『ショベルナイト』など数多くの作品に携わった実績がある有限会社ハチノヨンです。
この新ローカライズバージョンがほかのプラットフォームに対応するかは不明ですが、AUTOMATONの取材によってPS4版以外の日本語テキストも新たなものに差し替える予定ということが明らかになっています。

翻訳部分で残念に思っていた方もいるかもしれませんが、これでより自然に翻訳された『Celeste (セレステ)』が楽しめるようになるはずです。

なお、最終章のDLC“チャプター9:別れ”も全機種向けに無料配信されることがファミ通.comの記事によって明らかになっていて、こちらは大きなボリュームになるそうなので、配信されるのを楽しみに待ちましょう。

情報源:AUTOMATON

スポンサーリンク