Switch用ソフト『バディミッション BOND』が2021年1月29日に配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『バディミッション BOND』が、2021年1月29日に配信されることが本日放送の「Nintendo Direct mini ソフトメーカーラインナップ 2020.10」で発表されました。
販売価格は7,128円(税込)に設定されています。

本作は、コーエーテクモゲームスが開発を手がけ、キャラクターデザインを漫画『アイシールド21』『ワンパンマン』などの作画で知られる村田雄介氏が担当する完全新作のアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

真実に迫れ、相棒と共に。

亡き養父の夢を継ぎ、ヒーローを目指す警察官ルークと被害総額・数百億ともいわれる「怪盗ビースト」こと、アーロン。数奇な出会いが2人の運命を大きく変えていく……。頼れる相棒として助け合い、時にはぶつかり合いながら、ルークの父の死の謎、そして世界を揺るがす大きな陰謀に立ち向かう熱き友情の物語。

舞台は世界的なショービジネスの中心地「ミカグラ島」。そこで暗躍する姿なき犯罪組織「DISCARD」に対抗すべく、それぞれの思惑をかかえたワケありの4人が極秘の潜入捜査チームを結成。その名はチーム「BOND」。警察官のルーク、大怪盗ビーストことアーロン、陽気な恋多き忍者のモクマ、冷徹な詐欺師のチェズレイは、光と闇がうごめくこの島で真実を突き止めることができるのか?

最大の特徴は、2人組のバディを組んで捜査・潜入を行うこと。チーム「BOND」の4人の中から2人を選び、何度も相棒を入れ替えながら、行く手を阻む問題の解決に臨む。
捜査では、BONDメンバーの特徴を見極め、適切なメンバーで聞き込みできるかが情報入手の鍵となる。
そして入手した情報に応じて、敵アジトへ潜入時に忍び込むルートに変化が発生。どのキャラクターが捜査や潜入にふさわしいか考えながら、最適なバディを選ぶことが重要になる。

キャラクターデザインは漫画『アイシールド21』『ワンパンマン』などの作画で知られる村田雄介氏が担当。
ゲーム内ではストーリーや会話の展開時にコミック調の表現を取り入れており、デジタルコミックのスタイルでストーリーを楽しむことができます。

©2021 Nintendo / KOEI TECMO GAMES CO., LTD.