Switch版『ボムスリンガー』の配信日が2019年3月28日に決定!ボンバーマン風のローグライク系2Dアクションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『ボムスリンガー』の配信日が、2019年3月28日に決定しました。
販売価格は1,500円(税込)ですが、3月27日 23:59までは割引価格の1,350円(税込)で購入できます。

本作は、 ボンバーマン風のシングルプレイと、最大4人で遊べる対戦モードに対応したアクションゲームです。
西部開拓時代をテーマにした硬派な世界観や、自動でステージが生成されるローグライク要素などを特徴としています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要と紹介映像です。

田舎の爆弾男、キレる!愛する妻の命を奪った者たちに復讐せよ。

西部開拓時代。武装強盗団の一味だった「ボムスリンガー」は特製の爆弾を武器に各地の銀行や商店を荒らし回り、その首に高額の賞金がかかるほどの悪党として名をはせる。
しかしある女性と出会い、彼女との間に子供ができたことを知ると、二人で平穏な生活を求めるようになり強盗団が稼いだ金を持ち逃げして行方をくらませてしまう。

南部の片田舎に家を持ち、女性と結婚し幸せな生活を築いていたボムスリンガーだったが、持ち逃げされた金を追っていた強盗団に居場所を突き止められ急襲されてしまう。
家は焼き討ちにあい、何よりも大切だった最愛の妻を失ってしまう。
ボムスリンガーは爆弾を再び手にし、強盗団一味を壊滅させるため復讐の旅に出る。

【ゲームの概要】
本作はローグライク(ランダム生成されるマップを探検する)要素を取り入れたアクションゲームです。
ゲームモードは2つに分かれており、主人公・ボムスリンガーが殺された妻の敵を討つ戦いを描く1人プレイ専用「アドベンチャーモード」と、2つのルールでプレイできる最大4人までの「対戦モード」の2つのゲームモードを用意。
マップ上に爆弾を仕掛けて敵を倒していきましょう。各エリアの最後には強盗団幹部との一騎打ちが待っています。

たとえ道半ばで倒れても、復讐を遂げるまで戦いは終わらない!