Switch用ソフト『Beasts of Maravilla Island』が2021年6月17日から配信開始!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『Beasts of Maravilla Island (マラビーヤ島の動物たち)』が、2021年6月17日から配信開始となりました。
販売価格は999円(税込)に設定されています。

本作は、「マラビラ島」に住む数々の魔法動物たちを野生動物写真家である主人公が写真を撮りながら観察していく、神秘的な3Dアドベンチャーゲームです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

祖父が残した日記を頼りに、マラビーヤ島に住む魔法の動物たちをカメラに収めよう!

「マラビラ島の動物たち」 (Beasts of Maravilla Island) は「マラビラ島」に住む数々の魔法動物たちを野生動物写真家である主人公が写真を撮りながら観察する3Dアドベンチャーゲームです。野生でのありのままの姿の写真を撮ったり、習性などを調査したりしてマラビラ島の隠された数多くの動物や謎を探し出そう!

マラビラ島を守る魔法の結界が弱まっている。人々が「魔法」というものを信じるようになれば、その信じる力で結界も再び強化される。野生動物写真家の「マリナ・モンテズ」として、祖父のカメラと日記を頼りにしながら島の魔法や動物たちをカメラに収めよう。島を探検し、動物たちや植物の手を借り、島中にあるパズルを解いてより多くの動物たちを見つけ出そう!

動物たちもそれぞれ個性があり、触れ合うことでそれを引き出すことができる。ワニラッコと遊んだり、恋に悩むサルの相談に乗ったり等、個性豊かなマラビラ島の魔法動物たちと仲良くなろう!

マラビラ島に存在する魔法の世界をカメラに収めよう!

主な見どころ:
– 50種類以上の魔法動物たち。様々な大きさである彼らと触れ合って写真を撮ろう!
– 3つの生態ゾーンを探検して、各ゾーンでしか目撃できないユニークな動物たちを探そう。
– マラビラ島の美しい風景を自分の好きな風に撮影できる。
– 島の動物たちや植物の手を借りて、島中にあるパズルを解いてみよう!

Banana Bird Studios & Whitethorn Digital 2021