Switch用ソフト『バッドランド:ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディション』が2021年12月23日に配信決定!

スポンサーリンク


Nintendo Switch用ソフト『バッドランド:ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディション (BADLAND: Game of the Year Edition)』が、2021年12月23日に配信されることが決定しました。
販売価格は590円(税込)に設定されています。

本作は、革新的なゲームプレイ、手書きの美麗なグラフィックとサウンドなどを特徴とした、横スクロールのアクションアドベンチャーゲームです。
15時間以上のプレイ時間と100レベルものシングルプレイヤーモードのストーリーに加え、100レベルもの協力モードと23レベルものVSモードなどが含まれています。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

ゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得した「BADLAND」の世界を飛び回り、生き残れ!

9.5 / 10 – Games969 – 「挑戦的、だけど楽しくてハマる」
9 / 10 – IGN Hungary – 「見事なゲーム」
9 / 10 – Gaming-age – 「光輝くゲーム」
8.5 / 10 & the Joystick Award – SpieleTipps – 「一番のおすすめ」
8.5 / 10 – WhatsYourTagBlog – 「素晴らしい」
8 / 10 – GamingTrend – 「マルチプレイモードが最高」
8 / 10 – WeGotThisCovered – 「ハマる難しさ」
8 / 10 – TrueAchievements – 「楽しい時間が詰まったゲーム」

バッドランド:ゲーム・オブ・ザ・イヤー・エディションは数々の賞を受賞した、横スクロールのアクションアドベンチャーゲームです。革新的なゲームプレイ、手書きの美麗なグラフィックとサウンドが特徴です。15時間以上のプレイ時間と100レベルものシングルプレイヤーモードと最大4人までのローカルマルチプレイに対応!マルチプレイでは協力モードとVSモードで遊ぶことができます。

バッドランドは、多様な住人や木、花々が息づくすばらしい森を舞台とした横スクロールアクションゲームです。 森はおとぎ話から出てきたように美しく見えますが、そこでは何かとても恐ろしいことが起こっています。 プレイヤーは森の住人の1人を操作しながら、何が起きているのかを発見していきます。 旅の途中では、創造的なワナや障害物に沢山遭遇することになります。

【ゲームの特徴】
・革新的な物理特性に基づいた横スクロールアクションゲーム
・4人まで対応の協力、対戦のローカルマルチプレイモード
・15時間以上のプレイ時間と100レベルものシングルプレイヤーモードのストーリー
・100レベルもの協力モードと23レベルものVSモード
・73個のアチーブメント

© 2021 QubicGames S.A. / Frogmind