『AWAY: Journey to the Unexpected』の海外配信日が2019年2月に決定!『ドラゴンボール』から影響を受けた一人称視点のアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『AWAY: Journey to the Unexpected』の海外配信日が、2019年2月に決定しました。
本日放送されたKinda Funny Gamesのライブイベントでアナウンスされています。

プラットフォームによってややばらつきはありますが、Switch版は2月7日です。

本作は、Aurelien Regard Gamesが開発を手がける、 アクション&ネゴシエーション&やや悪意のある要素を組み合わせた一人称視点のアクションアドベンチャーゲームです。
カラフルなアニメーションスタイルのグラフィックで表現されているのが特徴です。

<特徴>
●カラフルでユニークなビジュアル
●爽やかで面白い話
●不正な要素
●募集する奇妙な多種多様のキャラクター!
●成瀬和彦氏の作曲

開発元によると、日本のゲームというよりも『ドラゴンボール~Z(まで)』から特に強い影響を受けたとのことです。

他にも、成瀬 和彦氏が主題歌と劇中曲を担当しているなど、日本とも関わりのある要素は多くあります。

この主題歌の一部は下記のトレーラーから確認できます。
成瀬和彦氏(なると)が作曲・編曲、ぼうきち氏が作詞が行い、真白 彩氏によって歌われています。
なるとさんの個人サイトより

<追記>
作曲ぼうきち氏となってましたが、正しくは作曲・編曲成瀬和彦さんで、作詞がぼうきちさんです。
管理人のミスです。お詫びして訂正します。

<追記2>
なるとさんのTwitterで紹介されました。
紹介して頂き、ありがとうございます!ミスして申し訳ありません。

スポンサーリンク