PS4&Switch版『ASTRONEER アストロニーア』が2022年1月13日に発売決定!

スポンサーリンク


パブリッシャーのPLAYISMが、PS4&Nintendo Switch版『ASTRONEER アストロニーア』を2022年1月13日に発売することを発表しました。
価格はダウンロード版が3,000円、パッケージ版が4,708円に設定されており、本日からAmazon.co.jpなどでパッケージ版の予約受付も開始となります。

なお、パッケージの初回生産分特典は冒険に役立つガイドブックが付属するとのことです。

本作は、25世紀のゴールドラッシュを舞台に、宇宙の辺境を探検することを目的としたオープンワールド型の3Dアドベンチャーゲームです。

探索できる惑星はそれぞれ異なる特徴を備えています。
一獲千金を目指し、過酷な環境で資源を活用して生き残りましょう。

以下、Steamの商品紹介ページより本作の概要です。

遠い世界を探検し、形を変えよう!Astroneerは25世紀のゴールドラッシュが舞台であり、宇宙の辺境を探検するのが目的です。金持ちになるチャンスをつかむために過酷な環境で資源を活用して生き残ろう。

未知の惑星をテラフォーミング!ASTRONEERは25世紀のゴールドラッシュを舞台としています。Astroneerとして、宇宙の辺境を探検し、過酷な環境で命にかかわる危険を犯しながら、貴重なアーティファクトや資源を発見し、宇宙の謎をひも解いていきます。

この冒険では、他のプレイヤーと協力しながら地上または地下に拠点を作ったり、広大な惑星を探索するために乗り物を作ったり、地形ツールを使って環境を自由自在に変貌させるなどの様々な行動が可能です。未開の惑星の開拓で成功するためには、プレイヤーの創造性と独創性が欠かせません!Astroneerの特徴:

粘土のように足元の地形を変形させよう。
Astroneerでは、プレイヤーは地形変形ツールを使って採掘、収集、形成、建設などの地形編集を行えます。この機能を利用して惑星の中心まで地形を掘り下げたり、地形を盛り上げ塔を作ったり、地形を使うだけで巨石を彫刻することができます。

形を歪め、横断できる綿密に生成された惑星で生き残り、探索ししよう。
広大な太陽系には7つの魅力的な惑星があり、プレイヤーは謎の中心部まで続く危険な洞窟の岩盤層を経由して、惑星の表面全体を移動して探検することができます。それぞれの惑星にさまざまなチャレンジをもたらす、ユニークで取り扱いが困難な地表や、洞窟内の生物群系が存在します。

コンポーネントやオブジェクトを組み合わせて、拠点や乗り物を作ろう。
Astroneerが作ったり、見つけるアイテムを折りまげたり、組み合わせてあらゆる状況に備えてユニークなアイテムを作成することができます。拠点、乗り物やAstroneerをカスタマイズして、飾り付けることもできます。

4プレイヤーのオンラインドロップイン/ドロップアウト協力プレイで友達と遊ぼう。
Astroneerは友達とプレイすることでさらに楽しくなります。他のプレイヤーとグループを結成して、巨大な産業基地を作成したり、サンドボックス機能を駆使し、面白いゲームを作ることができます。

太陽系の謎を発見し、解明しよう。
Astroneersの準備ができたら、彼らは世界の各地にある神秘的な建造物の背後に隠された力の理解を試み、さらにはそれを利用できる可能性もあります。

AstroneerはSteamの「早期アクセス版」として開発が始まりました。現在の状況までたどり着けることができたのは、皆様のサポート、フィードバック、ご要望、アイディアのおかげです。1.0の配信が開始した今、これからも継続的にAstroneerのコンテンツをアップデートしていきます。Astroneerのこれからの方向性に興味をお持ちの方は私達のロードマップや開発ブログをぜひご覧ください!

※掲載している価格等の情報は、2021年9月25日時点のものです。

情報源:PLAYISM

©2021 System Era Softworks Inc. All rights reserved. ASTRONEER®, SYSTEM ERA SOFTWORKS®, the ASTRONEER logo, and the SYSTEM ERA SOFTWORKS logo are either registered trademarks or trademarks of System Era Softworks Inc. in the U.S. and/or other countries licensed to and published by Active Gaming Media Inc. All other trademarks and trade names are the property of their respective owners. All rights reserved.