Switch版『アナザーエデン 時空を超える猫』は開発中止にはなってない。技術的な問題で細かいハードルがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日4月10日に放送された『アナデンまつり2019春 アナザーエデン超満開!2周年直前生放送』で、昨年4月に発表されたNintendo Switch版『アナザーエデン 時空を超える猫』の続報が公開されました。

ファンからのご意見に開発陣が本音で答えるというコーナーで、「Switch版はまだですか?」という質問にプロデューサーの田村宗一氏が次のように答えています。

田村氏「これを拾うかどうか悩んだんですけど。一つお答えできるのは、中止には全くなっていない。」
MC「全くなってない?」
田村氏「はい。ただちょっと技術的な問題‥アナザーエデンってCocosっていうミドルウェアで作られていて、Unityというものに作り変えたりとか。いろいろ細かいハードルがたくさんある。」
MC「ファミ通とかよく読んでるようなゲーム大好きな人ってUnityって言葉よく聞いてると思うんですけど、みんなほとんどUnityで作ってますよね?」
田村氏「凄い綺麗なのはUnrealとか使ったりされたりするんですけど、Unityが結構主力。そこに移し変えるとこが大変っていう。」
MC「じゃあ他のタイトルに比べて移植の手間がかかる?」
田村氏「移植の手間がかかって‥。やっぱり手触りとかね。アナザーエデンらしさみたいなのを失わないように移植したいという気持ちがあったり。」
田村氏「後はいまスマホ版で大変です。本家がスマフォ版なんで、そっちをちゃんと運営することをまずは重視しています。」
MC「これはねスマホが好きでご覧になっている方がほとんどだと思うので、スマホ版がその分パワーダウンしちゃったら嬉しくないですからね。」
田村氏「はい。」
MC「ということですので、気長に待って頂きたいと思っております。」

情報源:「アナデンまつり2019春」アナザーエデン超満開!2周年直前生放送

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク