Switch版『Alien: Isolation』が2019年12月5日から配信開始!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Alien: Isolation』が、2019年12月5日から配信開始となりました。
販売価格は4,400円(税込)に設定されています。

本作は、映画『エイリアン』シリーズを題材に無慈悲な完全生物「エイリアン」との対峙を描いた、SFサバイバルホラーゲームです。
もともとは2014年にリリースされたタイトルで、国内ではPS4やXbox Oneで日本語版が利用可能です。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

荒れ果てた宇宙ステーションの中で執拗に追われつつ、心臓をわしづかみにされる恐怖を生き抜け。リドリー・スコット監督の傑作を舞台にした臨場感あふれる作品。
エレン・リプリーは、地球を離れる前に娘に11歳の誕生日までには戻ると伝える。 しかしそれは実現することはなかった。

そして15年後――アマンダ・リプリーは母の乗っていた船のフライトレコーダーが回収されたとの報を受ける。 母失踪の真実を知るべく宇宙ステーション「セヴァストポリ」に乗り込んだアマンダだったが、そこで彼女は未知の恐怖に遭遇する。

迷宮の如きセヴァストポリ・ステーションでの命を賭けた探索に赴き、 覚悟を決める暇も装備も無い中で、機転と勇気を頼りに生き抜け。

インスピレーションは1979年の傑作「エイリアン」
リドリー・スコット監督のSFホラー傑作に立ち戻り、その雰囲気やアートディレクション、プロダクションバリューなどを借りて、あのスリリングな恐怖感を再現。

■機転を利かせて生還
宇宙ステーション「セヴァストポリ」を探索し、隠された資源を見つけ出し、アイテムや技術を組み合わせて、究極の脅威に対抗するための武器や妨害物を作り出しましょう。

■エイリアンの動きに適応せよ
通気ダクトを這いまわり、影の中に身を隠す――エイリアンの追跡をかわすには、予測のつかない動きをしつつ、周囲の環境を活かさなければなりません。

■コンプリートコレクション
ノストロモ号でのエレン・リプリーの最後のミッションを描いた「最後の生存者」を含む、7つのダウンロードコンテツすべてを収録。

■いつでも、そこでも恐怖を体感
ジャイロセンサーでの視点移動からHD振動まで、Nintendo Switch™ならではの技術を利用して恐怖の世界を満喫することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク