打越鋼太郎氏の最新作『AI: The Somnium Files』は継続して開発中。新会社Too Kyo Gamesを設立しても発売に影響はなさそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年9月11日、数々のタイトルを世に送り出してきたゲームクリエイター7名が集結して新会社「Too Kyo Games(トゥーキョーゲームス)」の設立発表会が開催されました。

発表会ではゲームやアニメコンテンツも含めて、複数の新作タイトルが発表されています。

設立メンバーの中の1人に、PS4&Nintendo Switch&PC向けとして発売される予定の本格推理アドベンチャーゲーム『AI: The Somnium Files』でディレクターとして開発に関わっている打越鋼太郎氏がいます。

新会社を設立ということで本作の発売に影響があるのかが気になるところですが、ファミ通.comに掲載されたインタビューによると、トゥーキョーゲームスとは別にそのまま継続して開発を担当していくとのことです。

――スパイク・チュンソフトと言えば、打越さんがディレクター兼シナリオライターを務める『AI: ソムニウム ファイル』が7月に発表されましたが、こちらはトゥーキョーゲームスの作業とは別に進んでいるのでしょうか?

打越 そうですね。スパイク・チュンソフトを退社する前から動いているプロジェクトなので、そのまま継続して担当していきます。

『AI: The Somnium Files』がリリースされることに影響はなさそうなので、発売を楽しみにしているファンは安心しても良さそうです。

情報源:ファミ通.com

スポンサーリンク