Switch版『Aaero: Complete Edition』が国内向けとして2018年12月27日に発売決定!絶賛されたリズム・レールシューター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Aaero: Complete Edition』が、国内向けとして2018年12月27日に発売されることが決定しました。
販売価格は1,700円(税込)です。

海外で12月後半に配信されることが発表済みでしたが、国内でも対応ということになります。

本作は、PCやPS4などさまざまなプラットフォームで配信されているリズム・レールシューターです。
Noisia、Flux Pavilion、Katy B、The Prototypes、Neosignalなどのサウンドトラックを特色としており、驚くべきスピードとスタイリッシュな環境の中で、音楽とシューティングが融合したユニークで革新的なゲーム性が特徴になっています。

紹介映像を見て分かるように名作シューティング『Rez』を彷彿とさせますが、開発スタジオMad Fellowsのインタビューによると、2002年に発売された『ギタルマン』からより強いインスパイアを受けたとのことです。
開発者自身が『Rez』の大ファンで、シューティング部分を進化させていった結果、より『Rez』に近いものとなっていきました。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

疾走感あふれるスタイリッシュな環境の中で、光のリボンに沿って進んで、音楽のエネルギーを解放しよう。
最高のライセンスサウンドトラックを聴きながら、不思議な敵と戦って巨大なボスとの戦いを楽しもう。
インディスタジオの「Mad Fellows」が、Noisia、Flux Pavilion、Katy B、The Prototypes、Neosignal、他たくさんの曲を主役としたユニークで革新的なゲームタイトル「Aaero」をお届けします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク