PS4&Xbox One&Switch用ソフト『A Space For The Unbound 心に咲く花』が今冬に発売決定!1990年代のインドネシアを舞台にしたアドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PS4&Xbox One&Nintendo Switch用ソフト『A Space For The Unbound 心に咲く花』が、今冬に発売されることが本日発売の「週刊ファミ通 2020年5月14・21日合併号」で発表されました。
販売価格は未定で、国内ではChorus Worldwideがパブリッシャーとなり、プラットフォームは未定なもののパッケージでもリリース予定があります。

本作は、Mojiken Studioによって開発された、1990年代のインドネシアを舞台にしたアドベンチャーゲームです。
現在、Steamでは体験版「プロローグ編」が日本語に対応して無料公開中とのこと。

なお、このゲームには『コーヒートーク』のToge Productionsも制作に関わっています。
4月7日にChorus Worldwideが「発売はちょっと先ですが、今月末にまた2作の新作を発表いたします。特に『コーヒートーク』ファンの方はご期待ください。」告知してましたが、おそらく一つはこのタイトルのことで、もう一つは『アウトバディーズDX』のことだったと思われます。

ちなみに、現在の開発状況は30%で、今冬の発売に向けて鋭意準備中とのことです。

スポンサーリンク