Switch版『60 Seconds! Reatomized』が海外向けとして配信決定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『60 Seconds! Reatomized』が、海外向けとして配信されることが北米eショップのリストで判明しました。
それによると、2020年12月18日に$9.99でリリースされる予定です。

本作は、2015年に発売された終末ダークコメディ『60 Seconds!』に、さまざまな新コンテンツを追加したリマスターバージョンです。

以下、Microsoft Storeから本作の概要です。

あの終末ダークコメディがリマスターされて、今まで以上にパワーアップして帰ってきました!
アイテムを回収して、家族を救って、核シェルターでサバイバルに挑みます。
難しい決断を迫られる中、放射能で変異したゴキブリを狩りながら、生き延びよう…もちろん可能であればですが。

ドローレス、テッド、メリージェーン、そしてティミーが、再び核シェルターゲームの名作のリマスター版『60 Seconds! Reatomized』に帰ってくる!
パワーアップした本作には、4K対応、改善された2DグラフィックとUIシステム、手書き3Dテクスチャ、新インタラクティブメニュー、全体的な技術改良、そしてもちろん…新コンテンツなどが盛りだくさん!

プレイヤーは爆発の衝撃までの60秒間で、家の中を急いで駆け回り、家族のメンバーや役立ちそうなアイテムを確保しなければなりません。
厳しい制限時間、邪魔な家具、プレイする度に変わる家の内装、あらゆる要素がプレイヤーにとっての障害となる中、あなたは一体どんなアイテムを回収して、誰を見捨てるかを決断しなければなりません。

無事に時間内に核シェルターにたどり着いたとしても、それはまだ序章にすぎません。
60秒間で回収できたアイテムと救った家族のメンバーによって、サバイバルの成功は大きく左右されます。
サバイバルは毎回内容が異なり、毎日予期せぬイベントが待ち構えています。
はたしてハッピーエンドを迎えられるでしょうか?
すべてはあなた次第です。

シェルター内では、家族のメンバーに食料と水を供給したり、アイテムを上手く使いこなしたりしながら、難しい決断を迫られることでしょう。
そして、時には荒廃した外の世界へと繰り出すことを選択することさえも…

健闘を祈ります。

【機能】
■新たなゲームプレイモード 「サバイバル・チャレンジ」では、あなたのサバイバルスキルを試す数々の風変わりな短いシナリオが登場します!
■新たな契機 新たに導入された複数回のゲームプレイにまたがるストーリーで、荒廃した大地から脱出することが可能になりました。はたして、あなたは巧みに生き延びることが出来るでしょうか?
■新たな関係性システム 今まで以上のシナリオ数と、マクドゥードゥル家のメンバーによる面白おかしいやり取りが追加されました!
■新たなサウンド、グラフィック、アンロッカブルヴィジュアルコンテンツ 核シェルター生活にいろどりを加えましょう!
■新たな数々のアチーブメント!

© ROBOT GENTLEMAN