もしもNintendo Switch版『1001 Spikes』が発売されたら?という画像を開発元のNicalisが公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしもNintendo Switch版『1001 Spikes』が発売されたら?という画像を開発元のNicalisがTwitterで公開しています。

『1001 Spikes (サウザンドワン・スパイクス)』は、日本では PS4/PS Vita/Wii U/ニンテンドー3DS向けとして2015年にリリースされている8bit風の2Dアクションゲームです。
激ムズの即死ゲーとして知られており、何度もやられながら覚えていくタイプのゲームになっています。

もともとは日本のハチビッツファナティクスが開発していたゲームで、Nicalisとタッグを組み、家庭用向けにリメイクしたのが『1001 Spikes』です。
価格は全ての機種で、1000円で配信されています。

実は先月1月に、開発元のNicalisがあやまって未発表のスイッチ版『1001 Spikes』『洞窟物語』が表示されたNintendo Switchのホーム画面をTwitterに投稿していました。
このツイートはすぐに削除されたようですが、海外サイトで出回ってしまったみたいです。

情報源:Automaton

今回ツイートされた画像のハッシュタグには「#WhatIf」と書かれていて、「仮に」などの意味があります。
正式に発売が決まったというわけではないようです。

なお、Nicalisはニンテンドースイッチで『The Binding of Isaac: Afterbirth+』や、『Redout』を発売することをすでに発表しています。

【Amazon】
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー
Nintendo Switch Joy-Con (L) / (R) グレー

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

スポンサーリンク