放置系無双RPG『ゆうしゃVSドラゴン』のさいたまげーむすがクラウドファンディングキャンペーンをスタート!Switch向けゲームも開発中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


放置系無双RPG『ゆうしゃVSドラゴン』のゲーム制作チーム「さいたまげーむす」が、クラウドファンディングキャンペーンをスタートしました。

クラウドファンティングの目的は、2018年に制作されたアプリゲーム『ゆうしゃVSドラゴン』のさならるコンテンツ充実化と、任天堂Switch向けゲームの開発するための活動資金を募るため。としています。

Switch向けゲームについては、2019年11月にティザーサイトのオープンを想定し、2020年12月にゲームのリリースを予定しているとのことです。

【活動スケジュール】
2019年11月 Switch開発ゲームティザーサイトオープン想定
2019年12月 Switch開発ゲームα版完成想定
2020年06月 Switch開発ゲームβ版完成想定
2020年12月 Switch開発ゲームリリース予定

資金の使い道やリターンなど、より詳しいクラウドファンディングの詳細についてはCAMPFIREのページをチェックしてみてください。

CAMPFIRE

スポンサーリンク