『夢現Re:Master(ゆリマスター)』がNintendo Switch向けとして2019年2月に発売決定!キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『夢現Re:Master(ゆリマスター)』が、2019年2月に発売されることが決定しました。

販売価格は未定で、プラットフォームはPS4&PSVita&Nintendo Switch&PC(Steam/Windows)です。
PS4とNintendo Switch版は、ダウンロード専用のみになるとのことです。

本作は、『白衣性恋愛症候群』『白衣性愛情依存症(英語タイトル:Nurse love addiction)』を生み出した工画堂スタジオのしまりすさんちーむによる、キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲームです。
ほぼ女の子しか出てこない作品になっているとのこと。

以下、本作の概要です。

概要

しまりすさんちーむがお届けする、ちょっぴりメタなゲーム制作会社アドベンチャー、マスター間近!
『夢現Re:Master』は、『白衣性恋愛症候群』『白衣性愛情依存症(英語タイトル:Nurse love addiction)』を生み出した工画堂スタジオ、しまりすさんちーむ渾身の、キラ☆ふわガールズラブゲーム制作会社アドベンチャーゲームです。
前二作「白衣性~」のシリーズは医療現場の看護師や、看護学生という「職」に纏わる物語でしたが、本作は同じ「お仕事」ものでも我々が日頃取り組むゲーム制作現場がステージとなり、そしてそこで働く人たちの物語が描かれます。

舞台となるのは、帝都東京の都心からほど近い、今も下町人情が残る街「虹園寺(こうえんじ)」に、ひっそりと居を構える小さなゲーム開発会社「ユリイカソフト」。
田舎育ち純朴系女の子、主人公のあいは、親の都合で長い間離れて暮らし、今はゲーム会社で働く妹、こころを訪ねて、ひとりドアを叩きます。

未知なるゲーム制作の現場は、まるでゲームのような、いやゲーム以上に奇天烈なキャラクターが溢れ、圧倒されながらも刺激的な日々を送ることになります。
ただ一つ気がかりなのは、あれだけお姉ちゃん子だった妹こころの、突き放すような冷たい態度……。妹のために単身上京してきたあいは、心のよりどころを失ってしまいます。
そして、先輩たちから語り継がれる伝説のゲーム作品「ニエ魔女」とは。

揺れる女の子の心模様を描くは、GLノベル界ではお馴染み“向坂氷緒”。
前作『白衣性愛情依存症』の好評そのままに、やわらかな春の木漏れ日のような優しさと暖かさで包まれた世界を、清流のような言葉で演出します。
脇を固めるは、ゲーム『flowers』(InnoentGray)で高い表現力が好評の“志水はつみ”、そして、工画堂スタジオ作品でお馴染みの、“竹内なおゆき”(『蒼い海のトリスティア』他/工画堂スタジオ)“西川真音”(『シンフォニック=レイン』/工画堂スタジオ)が、ゲーム制作現場のリアリティを横糸のように熾り込みます。

そして、個性的なヒロインたちをデザインするのは、アジア随一、唯一無二のタッチと独創的な色彩を誇る現代日本のルノアール“藤ちょこ”。
繊細なココロの機微、刻々と変わる表情を、大胆かつ細やかに一筆一筆描きます。
また、GL系コンテンツ界ではお馴染み、笛(『カタハネ』)、藤枝雅(『飴色紅茶歓談』)という豪華作家陣も、キャラクターデザインやゲーム内ゲームの原画担当として参加し、この世界観の華やな色合いと香りを一層強めます。

あなたの世界をほんの少し拡張するかもしれない、世界(ゲーム)創造の物語、始まります。

<ゲームの規模>
・シナリオ 1.4MB程度 (前作『白衣性愛情依存症』の1.5倍)
・イベントCG 60枚 (差分含まず)
・背景CG 23枚 (時間差分含まず)
・歌曲 3曲 (オープニング,エンディング,挿入歌)
・音声 フルボイス

<公式サイト>
本日より公式サイトもオープンしています。
ストーリーも見れるので、ぜひチェックしてみてください。
夢現Re:Master(ゆリマスター) 公式サイト

情報源:4gamer

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク