Switch版『夕鬼 零』はレーティングの関係上、VR機能を搭載することが出来ないということが発表に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年にリリース予定と発表されていたNintendo Switch版『夕鬼 零』ですが、レーティングの関係上、VR機能を搭載することが出来ないということが株式会社トライコアから発表になりました。

「VR機能が無くなった分、グラフィックリソースを追加した状態で「2020年1/31」に配信開始出来るよう、スタッフ一同尽力致します。ゲームの移植自体は既に完成しておりますので、続報をお待ちいただけますと幸いです。」と報告されており、グラフィックリソースを追加した状態で2020年1月31日の配信を目指すとのことです。

つまり、当初の予定である2019年にリリースされることもなくなりました。

なお、ジャイロセンサーを使ってカメラを操作する擬似VRは健在とのことです。

また、「夕鬼 零」と世界観を共有するホラーアクションゲーム「夕鬼」も同時進行で開発中のようです。
プラットフォームは不明ですが、『夕鬼 零』と同様にSwitchでリリースされる可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする