Switch用ソフト『When the Past was Around 過去といた頃』が2020年12月16日から配信開始!体験版も利用可能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch用ソフト『When the Past was Around 過去といた頃』が、2020年12月16日から配信開始になったことがChorus Worldwideから発表されました。
販売価格は900円(税込)に設定されています。

本作は、インドネシアのスタジオToge ProductionsとMojiken Studioが開発を手掛けた、絵本のようなビジュアルを特徴とするポイント&クリックスタイルのパズルアドベンチャーゲームです。
人生に迷う一人の女性が、悲しみを乗り越えていく様子が描かれています。

ゲームに一切の台詞はなく、ビジュアルとサウンドのみでストーリーが表現されていくのも本作の特徴の一つです。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。
なお、体験版も利用可能となっているので、気になる方はチェックしてみましょう。

愛すること、時の移ろい、別れ。
そしてそれらと共にある喜びと痛みについて綴ったポイント&クリック・パズル・アドベンチャーゲーム。

これは20代前半の女性エダの物語。
おなじ年頃の人々のように、彼女も行き先を見失っていました。
夢へと向かう旅の途中で、彼女は道に迷っていました。
愛をさがす旅の途中で、彼女は迷子になっていました。

オウルと出会うまでは・・・。

彼女の情熱を後押ししてくれた、その人と。
人との関わりに刺激を見いだす支えとなった、その人と。
そして彼女に傷心という感情を教えた、その人と。

『When the Past was Around 過去といた頃』は、時間や記憶がばらばらに散りばめられた、いくつかの部屋からなるシュールレアリズムな世界に暮らす女性と、その恋人にまつわるほろ苦い物語を綴ったゲームです。手がかりとなるピースを集めて、パズルを解き、扉を開くことで、彼女は先へとつづく道を見いだすでしょう。彼女がいつしか忘れてしまった、恋人との間のひみつを解き明かしながら。

When the Past was Around ©Developed by Mojiken Studio and Toge Productions. Published by Chorus Worldwide Games.