スラップスティックコメディRPG『West of Loathing』のSwitch版が発表!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PC向けとして配信中の『West of Loathing』が、Nintendo Switch向けとして海外でリリースされることがAsymmetricからアナウンスされました。
販売価格は11ドルが予定されています。

本作は、海外で大ヒットしたスラップスティックコメディRPG『West of Loathing』のSwitch移植版です。
スラップスティックコメディとは、体を使って笑わせるコメディのことを意味します。
何千もの冗談/ギャグ/おバカなものが入ってるとのこと。

線画のような白黒のグラフィック、オープンワールド風の世界、ターンベースの陽気なバトル、パズル、クエストなどの要素を特徴としています。








わくわくどうぶつランド - Switch
日本コロムビア (2018-07-26)
売り上げランキング: 1,597
紹介映像

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク