Switch版『Wargroove』が2019年2月8日から国内配信開始!「ファミコンウォーズ」ライクな戦略シミュレーションゲーム

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Nintendo Switch版『Wargroove』が、2019年2月8日から国内配信開始となりました。
販売価格は2,050円(税込)に設定されています。

本作は、英国のデベロッパーChucklefish Gamesが開発した、最大4人までのプレイヤーを対象としたシミュレーションRPGです。
各プレイヤーは軍とその指揮官ユニットを操作して戦争に参加します。

開発者自身が『Advance Wars (ファミコンウォーズ)』のファンで、現代のプラットフォームで懐かしの戦略シミュレーションゲームを遊べるようにと開発が進められました。
ただし、「ファミコンウォーズ」よりも複雑なプレイが必要になるでしょう。

『Wargroove』は、現代のテクノロジーを取り入れながらそれを刺激したタイトルの魅力とアクセシビリティを再現することを目指しています。
この最新のフォーカスは、より高解像度のピクセルアート、堅牢なオンラインプレイ、そして改造機能を可能にし、最終的にはファミコンウォーズとターン制ストラテジーファンのために最も完全な経験を生み出します。

以下、任天堂公式サイトより本作の概要です。

軍を指揮するのは君だ。オリジナルの戦場をデザインして友達に挑め。細部までこだわりが見えるレトロなターンベース戦略ゲーム!

「Wargroove」の戦場にいざ、最大4人でプレイできる戦略ゲームここに登場!指揮官を選び、精鋭部隊を率いてターンベースの戦いに勝て。
マップはオリジナルをデザイン&シェア可能、カットシーンありストーリーモードあり、そして簡単に使えるエディター&奥の深いカスタマイズツールも。

チェリーストーン王国にて戦争が勃発、若きマーシア女王は故国から逃げるしかなかった。敵に追われる女王、故国を救う唯一の道は同志を求めて新天地へ向かうこと。
しかし彼女の前に立ちはだかるはいったいどのような試練か?
不穏な空気が行先には拡がっている…各部隊に明確なる指示を与えよ、頼れる味方は俊敏なる弓兵から火を吐くドラゴンまで様々。
伝統のターンベースに現代的な要素を盛り込んだこのゲームを手に取るべし!

<主な特徴>
> 「チェリーストーン王国」「ヘヴンソング帝国」「フェルハイム軍団」「フローラン戦族」という4つの戦派閥、そして12人の指揮官から「同志」を選べ

> ここぞというタイミングで指揮官の特殊スキル「グルーヴ」を使用し、戦局をひっくり返せ

> まだ未熟ながらも強い意志を持つ若き女王が想像を絶する敵との戦いに挑む…魅惑のストーリーモードを満喫してほしい。ピクセルアートによるアニメーションで紡がれるカットシーンとダイナミックなバトルは必見だ。

> ローカル&オンラインマルチプレイで友達とバトルだ。ルールは自由に変更可能、そしてローカルでもマルチプレイでも対戦プレイと協力プレイが可能だ

> 頭をひねりにひねって創り出したオリジナルの戦場を世界にシェアしよう。ゲーム内部ツールのマップ&ストーリーエディターを使えば、分岐して広がる物語を作るのも楽々だ

> アーケードモードの熾烈なる戦い、敵の特徴を把握することが戦いの鍵だ。君は敵と5連続で戦わなければならない。

> パズルモードは敵との知力勝負だ。トリッキーなチャレンジに心して挑め、全てはたったの「1」ターンで決す。

> その「古書」には、Wargrooveの世界の歴史と伝承やそこに住まう人々の真実が、そして戦いにおいて推奨されるルールや戦略をも記されている。

> 隠しゲーム要素の数々を探し出して解放しよう。なんだか懐かしい感じ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク