Switch版『Vaporum: Lockdown』が国内向けとして2021年3月22日に配信決定!

スポンサーリンク


Nintendo Switch版『Vaporum: Lockdown』が、国内向けとして2021年3月22日に配信されることが決定しました。
販売価格は2,199円(税込)に設定されています。

本作は、Nintendo Switchでもリリースされたスチームパンクダンジョン探索RPG『Vaporum』の前編となる新作タイトルです。

前作のスチームパンクの世界観を継承したグリッド型のダンジョン探索RPGで、Dungeon Master IとII、Eye of the Beholderシリーズのような古典的タイトル、そして最近のLegend of Grimrock IとIIのようなゲームから着想を得ているとのこと。

以下、任天堂公式サイトから本作の概要です。

独自のスチームパンクな世界を舞台に、グリッド型ダンジョン探索RPG極秘の研究プロジェクトが狂ってしまった場所―塔。そこからの脱出を試みる科学者のストーリーを追っていこう。

『Vaporum』の過去に迫る『Vaporum: Lockdown』。前作のスチームパンクの世界観を継承したグリッド型のダンジョン探索RPGで、同ジャンルの過去の名作からインスピレーションを得て生まれた作品です。アークス・ヴェイポラムの塔での大惨事を生き抜いたエリー・テラー。本作品で彼女の物語を紐解きましょう。

• ファーストパーソン視点でのリアルタイム対戦
• ユニークなストップタイムモード
• パズルと幅広いレベルのゲーム内目標
• ガジェットベースのRPGシステム
• 探検要素、報酬、キャラクターのカスタマイズ要素も盛りだくさん
• 謎に包まれたストーリー
• メインキャラクターをフルボイス化
• 没入できるスチームパンクの世界観

ゲームには、特殊な力と攻撃パターンを持った手強い敵が出現します。敵を倒すには、様々な武器、ガジェット、アップグレード、洗練された戦略が必要となります。

ですがご安心を。パワフルで多様なアイテムを使うことができます。様々な種類の武器、シナジーがある防具、仲間を強化したりバトルフィールドを操るガジェット、ブースターなど、プレイヤーを手助けするアイテムが多く登場します。

様々な要素を駆使してパズルを解き、危険に立ち向かう準備をしましょう。プレイヤーの頭脳と反射神経が試されます。物語全体を通して、ステージごとに散らばったパズルのピースをひとつずつはめていくように、物語のメインとなる問題を少しずつ解決していきます。音声付きの会話、音声日記、メモなどから、この世界やそこに住む人々についての謎が解き明かされます。

「Lockdown」というサブタイトルがついたのは純然たる偶然です。このサブタイトルは世界的パンデミックが発生する数ヶ月前に付けられており、世界情勢とは一切関係ありません。

Vaporum: Lockdown © Fatbot Games, s. r. o. 2020. All rights reserved.