Unity5シリーズの最終バージョンとなる「Unity5.6」がリリース開始

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Unity5シリーズの最終バージョンとなる「Unity5.6」が、2017年3月31日にリリース開始となりました。

Unity5の最後バージョンとなる「Unity5.6」をもってUnity5のライフサイクルは完了します。
修正パッチは「Unity5.6」のリリース後、12ヶ月間提供される予定です。

以下、Nintendo Switch関連部分のみ詳しく紹介します。

新しいプラットフォームのサポート
Android や iOS 向けの Google Daydream や Cardboard だけでなく、Facebook Gameroom にもシームレスにパブリッシュできます。Nintendo Switchもサポートします。

Unity 5.6 の主な新機能
・プログレッシブライトマッパーのプレビューとライトモード
・ナビゲーションメッシュ(NavMesh)システムでは経路探索とAI機能が改善
・GPUインスタンシングの改善とコンピュートシェーダー
・新しい2Dツールと、2D物理演算の改善と新機能
・VulkanサポートとWebAssemblyの実験的なサポート
・アニメーションシステムとUIコンポーネントのデバッグとインターフェースの改善
・パーティクルシステムのアップデートとパフォーマンスの改善
・新しいポストプロセススタック
・物理演算のデバッグを可視化し、貫通状態から戻る物理演算をカスタマイズできる機能を公開
・新しいビデオプレーヤーで4K動画再生と360度動画が可能に
・Unity Collaborate(ベータ版)にオプション追加
・TexMesh Pro無料化(Unityにネイティブ統合される予定)
・サポートするプラットフォームの追加:Facebook Gameroom、Google Daydream、Google Cardboard、Nintendo Switch

Nintendo Switchのサポート
ドッキングしたコンソールスタイルやハンディタイプでゲームをプレイするオプションによって、Nintendo Switch はクリエイターがゲームについて異なる視点で考えるきっかけとなりました。「スーパーボンバーマンR」やGDCのUnityブースで展示された、「いっしょにチョキッとスニッパーズ」といったUnityで制作されたタイトルも既にリリースされています。Nintendo Switchサポートをお知らせすることができ、大変うれしく思います。(サポートは、現在はUnity 5.5ベースですが、今後5.6.x のサイクルでUnity5.6でもサポート予定です)

情報源:Unity公式ブログ

「スーパーボンバーマンR」や、「いっしょにチョキッとスニッパーズ」といったタイトルがUnityで制作されているようです。
もちろんこれ以外のUnityで制作したタイトルも、今後リリースされていくと思います。
これからもNintendo Switchとの良好な関係が続いていきそうですね。

「Unity5.6」のより詳しい情報は、Unity公式ブログをご覧ください。

スポンサーリンク